若武者育成塾 若武者BLOG

若武者BLOGとは?

若武者育成塾とは、地元の地域の環境・食の課題を考え、解決に向けて行動できる未来のリーダーを育てる高校生向けプロジェクト。このブログでは、若武者育成塾での合宿の様子や、参加した高校生が各地域において活動する様子をお伝えしていきます。

2016年12月

こんにちは市来農芸高校です。
成果発表会の前日12月16日
急遽でしたが、地元TV局の取材が
ありました。きっかけはもちろん成果発表会です。

当日も地元新聞社の東京支社の方からも取材を受けて、
TUBAKIプロジェクトの大きなPRとなりました。

これからも活動を継続していい報告ができるように頑張ります。
最後にお礼
無事に成果発表会がおわり本当にありがとうございました。
アサヒビールやJEEFの皆さんには感謝です。
特にTAてるさんには合宿から最後まで本当に助けていただきました。

他校の皆さんの発表もとても参考になりました。


161221kagosima.jpg
鳥インフルエンザの影響もあり、取材は鶏舎から
離れた場所で行われました。


■コメント■
◆二人ともお疲れ様です。
素晴らしい発表でした、内容・伝え方・質疑応答など、
二人の成長を肌で感じることができました。

自分自身、まだ社会人で言ったら1年生ですから、
1年生ながら周りの先輩たちに臆することなく取組み、
失敗してもただ落ち込まず、それを糧にして成長していく姿に、
「衝撃」を受けました。

僕の方が二人から色々と学ばせてもらった4か月間です。
何か困ったことがあったら、教えてください。力になります。
貴重な経験をありがとうございました。

TAてる

  • 発表会前日のTV取材

  • 鹿児島県立市来農芸高等学校

  • 2016.12.21

  • こんにちは市来農芸高校です。成果発表会の前日12月16日急遽でしたが、地元TV局の取材がありました。きっかけはもちろ...

  • 続きを読む

おつかれさまです。
発表の中に含まれている内容ですが、
写真つきでお伝えしたいと思いブログアップします!

12月3日(土)。
冬の始まりを告げる、微かなキリシマからの冷風を
受けながら、道の駅にて第2回鹿肉振る舞い!


161220miyazaki_1.jpg
7月に行った第1回の反省を活かして、
良い場所に陣取って、アピールも欠かさない!
用意した試食用のカレーは100食分!
お米・野菜・鹿肉ともに
えびの市の地域の方々のご厚意です!


161220miyazaki_2.jpg
今回は「鹿肉の・・・」ではなく、
「栄養10点満点!秋の野菜彩り10旬ジビエカレー!」
というネーミングで攻めます!
鹿肉のイメージ(鹿認知)は変わるのでしょうか?


161220miyazaki_3.jpg
結果から言うと、これが大成功!
用意していた100食分のカレーはすぐになくなり
一緒に手伝ってくださった、えびの市役所の
六次産業化担当の職員の方にも、
「これ、商品化いけますよ!!」と強いお言葉!
・・・商品化、いっちゃう?
アンケートも出揃って、発表に向けて(もう終わった)
資料は出揃った感アリ!!

  • 第2回鹿肉振る舞い&アンケート調査!!

  • 宮崎県立飯野高等学校

  • 2016.12.20

  • おつかれさまです。発表の中に含まれている内容ですが、写真つきでお伝えしたいと思いブログアップします!12月3日(土)。...

  • 続きを読む

来年度から学科改変で、総合学科から農業科に特化した学校になります。
その関係もあって、学校説明会では農業に興味を持ってくれた中学生が集まり、先生の話を真剣に聞いていました。

私たちは学校で行っている弥一芋の研究紹介として、普段行っているプロジェクトの発表を行いました。

しかし発表の際に使用していたパワーポイントのスライドが大幅にずれてしまいました。学校に興味を持ってもらう絶好の機会ということもあり、しっかりしなければと、随分焦りましたが、何とか立ち直り無事に発表を終えることができました。

連絡不足ということもあり、確認することの重要さを学びました。


161216kanagawa_16.jpg
中学生と保護者の方に学校の特色として研究の取り組みを発表


161216kanagawa_17.jpg
実験の説明


161216kanagawa_18.jpg
最後にリーダーが熱い思いを述べました。

  • 11月27日(土)は学校説明会でプロジェクト発表を行いました。

  • 神奈川県立吉田島総合高等学校

  • 2016.12.16

  • 来年度から学科改変で、総合学科から農業科に特化した学校になります。その関係もあって、学校説明会では農業に興味を持ってくれた中学...

  • 続きを読む

ボランティア・スピリット賞とは、ボランティア活動の表彰・仲間との交流・情報の発信の3つを基本とし、1995年からアメリカにて開始した中学生、高校生を対象にしたボランティアを支援する制度です。

神奈川県唯一の首都圏ブロック賞受賞。
ここではブロック賞、コミュニティ賞に分かれて授与され、ブロック賞は次に開催される全国大会に進みます。この全国表彰式で選ばれれば、全米表彰式に進むことができ、ボランティアに取り組む青少年と国際的に交流します。

我が校ではコミュニティ賞、ブロック賞にそれぞれ1名ずつ選ばれ、私たち弥一芋の研究がブロック賞に選ばれました。

表彰式ではボランティア活動に取り組む中・高校生が集まり、メダルと盾を頂きました。
大きな会場に集まった大勢の方々に圧倒されそうになりましたが、受賞の際には活動への抱負や質問を聞かれ、しっかりと答えることができました。

全体の表彰が終わると、次は交流会のスタートです。
交流会では表彰された中、高校生が自己紹介やゲームなどで交流し、お菓子やジュースも食べながら楽しく交流をすることができました。

次は12月23日に開催される全国表彰式!
これからも張り切って活動していきます!!


161216kanagawa_13.jpg
活動が大画面で紹介されました。


161216kanagawa_14.jpg
神奈川県からのブロック賞受賞は本校のみでした。
神奈川県代表として、全国表彰式でも活動を紹介してきます。


161216kanagawa_15.jpg
多くの参加者との交流会の様子。

  • 11月23日(水)はボランティア・スピリット賞の表彰式に行きました。

  • 神奈川県立吉田島総合高等学校

  • 2016.12.16

  • ボランティア・スピリット賞とは、ボランティア活動の表彰・仲間との交流・情報の発信の3つを基本とし、1995年からアメリカにて開始...

  • 続きを読む

弁論大会は海老名市で開催され、自らの活動をまとめたスピーチを7分以内で発表します。
出場者は全部で10名。私たち草花部からは3人が出場し、各々の弁論を発表しました。

発表順はくじで決めたのですが、トップバッター、二番手、大取りといった具合に3人とも緊張しやすい順番を引いてしまい、皆、ドキドキの発表です。

発表台は審査席にとても近く、審査員や傍聴者の方々の顔がよく見えました。
視線は発表者に集中し、発表が始まるのを今か今かと待ち構えているのが伝わりました。
一人ずつ呼ばれて始まる7分間の勝負は、緊張感と熱意がこもっており、どれも感動してしまうような素晴らしい発表だったのを覚えています。

発表後には自分たちの学校説明を行いました。
どうやらこれが恒例行事らしく、いきなりのことに驚きましたが3人で協力しあって仲良く説明することができました。

学校説明が終わればいよいよ結果発表。
誰もが全力で取り組んだこともあり、手に汗を握ります。
結果は3人全員が入賞! 優秀賞と最優秀賞を頂きました!!
最優秀賞は来年開催される全国大会(宮城県)へ進みます。


161216kanagawa_10.jpg
発表の様子


161216kanagawa_11.jpg
学校紹介


161216kanagawa_12.jpg
最優秀になり、優勝カップを受け取りました。
来年度、宮城県で開催される高総文祭の全国大会に神奈川県代表として出場が決まりました。全国大会でも頑張って、弥一芋の魅力を伝えたいと思います。

  • 11月20日(土)には、神奈川県下高等学校弁論大会に参加しました。

  • 神奈川県立吉田島総合高等学校

  • 2016.12.16

  • 弁論大会は海老名市で開催され、自らの活動をまとめたスピーチを7分以内で発表します。出場者は全部で10名。私たち草花部からは3...

  • 続きを読む

当日は中学生や活動に興味を持ってくれた方々が集まり、専門高校生が販売や学校の説明を行います。

私たちは弥一芋のパネルディスカッションと販売を行いました。
パネルディスカッションでは来場者に説明し、販売では私たちが袋詰めした弥一芋を会場に足を運んでくださった多くの方々に販売しました。

開催場所は横浜「そごう」と呼ばれる大型のデパートで、人通りも多く家族連れやお年寄りなど幅広い世代の方が集まり、賑わっていました。また神奈川県の専門高校生も集結し、各学校が誇る技術を扱った品物を販売。個性溢れる発表・販売会となりました。
販売の際には少しでも自分たちの学校に興味を持って頂きたいと、生徒たちは声を上げて売り込み、PRしていました。私たちは弥一芋を使用したレシピも配り、買ってくださった方々が実際に調理しやすく、買いやすいようにと工夫を凝らしました。

パネルディスカッションを行う会場では大学生も足を運んでくださり、説明に対しての質問やアドバイスを頂きました。ただ説明するだけでなく、説明を聞いてくださった方から質問を受けることによって、より深く説明することができたと思います。

帰り際には他校の展示を見学して体験したり、逆に自分たちの活動を話すことによって、お互いにPRをすることができました。

大人の目線から見たアドバイスで、活動を説明する際の欠点に気づいたり、他校と交流を持つことによって、お互いに活動をPRしたりすることができました。そして、自分たちで栽培した弥一芋を販売してPRするだけでなく、活動の達成感を感じることができました。


161216kanagawa_7.jpg
弥一芋チームは2年生2人が参加しました。


161216kanagawa_8.jpg
研究成果をパネルディスカッション


161216kanagawa_9.jpg
販売の様子

  • 11月13日(日)には横浜市で開催される産業教育フェアに参加しました。

  • 神奈川県立吉田島総合高等学校

  • 2016.12.16

  • 当日は中学生や活動に興味を持ってくれた方々が集まり、専門高校生が販売や学校の説明を行います。私たちは弥一芋のパネルディスカッ...

  • 続きを読む

当日は有志の人たちの参加も募り、多くのメンバーで開成幼稚園の芋ほりを行いました。
この日には地元の中学生が職業体験に訪れていたり、多くの記者の方が集まっていたり、いつも以上に緊張感がありました。

いよいよ掘り上げ!
園児たち全員に簡単な説明を行いましたが、園児と高校生では言葉使いが全然違うため、説明が伝わらなかったり、先に行動をしてしまったりと、かなりあたふたしました。そんな元気いっぱいの姿が園児の良いところだと思いました。

大きく育った大量の弥一芋を収穫し、掘り上げが終わったあと、園児たちから「葉っぱ頂戴」と言われ、大きく育った葉を傘のように持って楽しそうにしていました。

ザルいっぱいに収穫された弥一芋は幼稚園給食として、おでんやカレーとして園児たちに振る舞われました。栽培した弥一芋の総収穫量は30㎏以上になりました。


161216kanagawa_4.jpg
園児と高校生と職業体験の中学生


161216kanagawa_5.jpg
弥一芋の葉っぱに園児が大喜び


161216kanagawa_6.jpg
収穫した弥一芋と参加したメンバー

  • 11月9日(水)は開成幼稚園の芋堀りを行いました。

  • 神奈川県立吉田島総合高等学校

  • 2016.12.16

  • 当日は有志の人たちの参加も募り、多くのメンバーで開成幼稚園の芋ほりを行いました。この日には地元の中学生が職業体験に訪れていたり...

  • 続きを読む

定期テストが終わり、遅くなりましたが、ブログ再開です! 11月6日は本校文化祭でした。
本校文化祭では授業で栽培した野菜や果樹を始め、味噌や学校名物のヨシピスなどが販売されます。販売開始時刻は10時にも拘わらず、開始前から長蛇の列が並び、多くの方々が足を運んでくださいました。
この文化祭では私たちが袋詰めした弥一芋を販売しました。
残念ながら私たちが袋詰めした分は前日で完売してしまったのですが、実際に購入した私の後輩が「とってもおいしかったです」と直接感想を伝えに来てくれたのがとても嬉しく、活動の励みになりました。

その他にも私たちが行ったコサージュ教室ではパネル展示を行い、来てくださった方々に説明を行いました。地元の方だけでなく「活動内容を見てみたかった」と遠方の方も足を運んでくださり、活動の成果を実感することができました。


161216kanagawa_1.jpg
販売した弥一芋


161216kanagawa_2.jpg
販売の様子


2016kanagawa_3.jpg
展示に使用したパネル

  • 11月分 文化祭

  • 神奈川県立吉田島総合高等学校

  • 2016.12.16

  • 定期テストが終わり、遅くなりましたが、ブログ再開です!11月6日は本校文化祭でした。本校文化祭では授業で栽培した野菜や果樹...

  • 続きを読む

11月23日に沿岸部に行って活動してきました。
この前の活動で桜の専門家の方から桜にも虫が付きやすいというお言葉を頂き、ツーリーと同じく桜の周りに落葉した葉が溜まれば生態系をつくれるのではないかと考えてのことです。
2つの集会所と民家に植えている桜で調査しました。今回は小塚原地区にある小塚原南集会所の方の結果を報告しようと思います。


161215miyagi_1.jpg
小塚原南集会所に植えている桜です。
11月6日、桜の周りに竹を刺して囲いを作りました。桜の葉にはモンシロチョウガやリンゴケンモンといった幼虫も発見しました。
囲いをする前の落葉した葉の数は62枚でした。


161215miyagi_2.jpg
約2週間後の11月23日に沿岸部に行って測ってみると、落葉した葉数は384枚でした。
囲いがある方が落葉した葉が竹に引っ掛かり溜まっていました。
葉が右側に溜まっているということは、左側からの風が強かったということがわかります。


161215miyagi_3.jpg
前日に地震があり震災後初めてとなる1.4メートルの津波が到達しました。
沿岸部にある民家に行き訪問しお話をしてきました。沿岸部に住んでいる方は元気そうで安心しました。またいつ大きな地震がくるかわからないので気を付けて欲しいです。


約三か月間の研究をみんなどんな風に発表するのか期待しています。
また、若武者メンバーにも久しぶりに再会できるので楽しみにしています!

  • 桜の調査

  • 宮城県農業高等学校

  • 2016.12.15

  • 11月23日に沿岸部に行って活動してきました。この前の活動で桜の専門家の方から桜にも虫が付きやすいというお言葉を頂き、ツーリー...

  • 続きを読む