若武者育成塾 若武者BLOG

若武者BLOGとは?

若武者育成塾とは、地元の地域の環境・食の課題を考え、解決に向けて行動できる未来のリーダーを育てる高校生向けプロジェクト。このブログでは、若武者育成塾での合宿の様子や、参加した高校生が各地域において活動する様子をお伝えしていきます。

記事をシェアしてね!

記事をシェアしてね!

活動報告8

%82P%82O%8C%8E%82P%82U%93%FA%82%90F%92l%91%AA%92%E8.JPG %82P%82O%8C%8E%82P%82U%93%FA%95%AA%89%F0%82%AA%82%CD%82%B6%82%DC%82%C1%82%BD%83x%83%93%83%8A%81%5B%83%5B%95s%90D%95z.JPG
pF値測定              分解がはじまったベンリーゼ不織布

10月16日、放課後にため池に行きました。まず、テンシオメーターで土壌の水分測定を行い、その後カワラケツメイの草丈調査を行ったのち、PETボトル給水器の取り換え作業をしました。また、ベンリーゼ不織布を用いたマルチングの実験区では、ベンリーゼ不織布の分解がはじまっていました。すべての作業を終えた後、昨年、カワラケツメイとツマグロキチョウが確認された400m離れたため池の様子を見に行きました。久しぶりに見たこのため池は、大きく生長したセイタカアワダチソウで埋め尽くされていて、カワラケツメイを確認することができませんでした。その後、セイタカアワダチソウの蜜を吸うツマグロキチョウ1頭を確認することができ、ほっ、としました。近隣のため池では、唯一、カワラケツメイが自生していた場所でしたが、やはり人手による管理が必要なのだと言うことが分かりました。

%82P%82O%8C%8E%82P%82V%93%FA%8Fd%90M%90%EC%83N%83%8A%81%5B%83%93%91%E5%8D%EC%90%ED.JPG %82P%82O%8C%8E%82P%82V%93%FA%8Fd%90M%90%EC%83N%83%8A%81%5B%83%93%91%E5%8D%EC%90%ED%82%C5%8FW%82%DC%82%C1%82%BD%83S%83~.JPG
重信川クリーン大作戦       重信川クリーン大作戦で集まったゴミ

10月17日、9時から重信川河口域で重信川クリーン大作戦が行われました。本校の生徒も60人が集まり、全体では、子供からお年寄りまで、地域の方々や事業所の方、大学生などさまざまな人たち160人が参加しました。ゴミは花火やPETボトルが多く、集まったゴミは、可燃ゴミ102袋、不燃物15袋、その他12袋、計129袋も集まりました。とてもすごい量でした。でも、来たときの重信川河口と掃除した後の重信川河口とでは全然違いました。沢山の人たちの「まごころ」で重信川がとても綺麗になっていました。清掃活動に参加してよかったと思いました。

%82P%82O%8C%8E%82P%82W%93%FA%83N%83%8D%83c%83%89%83w%83%89%83V%83M.JPG %82P%82O%8C%8E%82P%82W%93%FA%92%B9%97%DE%92%B2%8D%B8.JPG
クロツラヘラサギ           鳥類調査

10月18日、重信川河口で野鳥の調査を行いました。風が強いこともあって、全体的に鳥の数が少ないように思いましたが、ハマシギやシロチドリ、ダイゼン、オナガカモ、ダイサギ、チュウサギ、アオサギなどが確認できました。また、ミサゴが空中から水面めがけてダイブし、魚を捕まえる場面も見ることができました。しばらくすると、クロツラヘラサギという初めて見る珍しい鳥が現れたので写真撮影を試みました。クロツラヘラサギという鳥は、通常、全長73.5cmもある大きな鳥で、ヘラサギという鳥に似て、平たく先端の丸いしゃもじ形の嘴を持っています。この鳥は、生息個体の絶対数が少なく、絶滅が心配されているそうです。そんな珍しい鳥が重信川河口で見られたということは、とてもうれしいことだと思います。

※写真をクリックすると拡大表示されます。