若武者育成塾 若武者BLOG

若武者BLOGとは?

若武者育成塾とは、地元の地域の環境・食の課題を考え、解決に向けて行動できる未来のリーダーを育てる高校生向けプロジェクト。このブログでは、若武者育成塾での合宿の様子や、参加した高校生が各地域において活動する様子をお伝えしていきます。

記事をシェアしてね!

記事をシェアしてね!

10月の調査・活動内容の報告

ギフチョウ班 
10月16日にまつりの森に環境調査に行きました。調査内容は照度と温度、林内の様子を調査しました。林内ではもう紅葉が始まっており、すでに葉を落とした樹木もありました。そのため林内は夏より光が差し込み、明るくなっていた。照度は照度計を使って測定しました。温度の測定は調査地の木に温度計をつり下げておき帰り際に測定しています。
10月30日に行われる地域開放型文化祭では地域と連携したヒメカンアオイの移植会の計画と準備を進めています。
これは文化祭のときに地域の人たちと実習林にヒメカンアオイを移植してもらうもので地域の人たちと一緒にギフチョウを守っていくことが目的です。
ATT1041222.jpg s001.bmp
ヒメシロチョウ班 
10月15日にヒメシロチョウの生息地に行き、成虫および幼虫、蛹の生態調査に出かけました。
成虫と蛹は見られませんでしたが、幼虫を5頭発見する事ができ、その5頭を採集し飼育して
蛹と来年の成虫の羽化に向けての観察をすることにしました。
 今年は、生息地にあるツルフジバカマが昨年の同じ時期に比べ、実がなる前に他の昆虫の食害を受け成育がかなり悪くなっている数が多く、その理由についても調査していきたいと考えています。
 次回の調査では、生息地に行き、現地のツルフジバカマの種子の採取を行う予定です。
s002.bmp s003.bmp s004.bmp


飛騨高山高等学校 環境科学科 中村昂一、細江守

コメント

文化祭、もうすぐですね。
がんばってください!

合宿で培った「伝え方」の部分、十分に発揮してくださいね。

投稿者:日本環境教育フォーラム 塚原

2010.10.20