若武者育成塾 若武者BLOG

若武者BLOGとは?

若武者育成塾とは、地元の地域の環境・食の課題を考え、解決に向けて行動できる未来のリーダーを育てる高校生向けプロジェクト。このブログでは、若武者育成塾での合宿の様子や、参加した高校生が各地域において活動する様子をお伝えしていきます。

記事をシェアしてね!

記事をシェアしてね!

【10月度 活動レポート】日高高校

【プロジェクト名】 絶滅危惧植物シランを増やそう

【今月の活動】
10月12日 シランの種をピーポットの土に蒔く
         土が乾かないように水やり
10月20日 寒天培地の作成
10月22日 寒天培地への種蒔き
  
【今月の活動を通じて感じたこと、学んだこと】
種を蒔いたけれども、なかなか発芽してきません。3月にうまくいった時と同じ温度や光の条件に設定しているのですが、まだ発芽しません。土へまいたほうも、発芽しません。
なかなか思うようにはいきません。COP10の報道も気にして見ています。生物部がシランの昭和時代の標本をみつけました。それによって日高高校がある御坊の周辺にもシランがあったことがわかりました。今では田辺周辺にしか見られないので、このあたりの環境が変わったことを実感しています。

【今月うまくいかなかったことと、それに対して来月どうしたいか】
11月中には、地域のラン栽培の専門家に発芽させるのにはどうしたらよいか、教えてもらおうと考えています。そして、もう一度種まきのチャレンジをします。
庭でシランの苗を作っている人がいるので、それを分けてもらい、ポット苗をつくろうと思います。それを近くのJRの駅に植えてもらえるか、交渉しようと考えています。

【チームアシスタントからのコメント】
シランの発芽がなかなか見られないのはとても残念ですね。
シランの標本があった時代と、現在とで、どこがどのように環境が変わっていったのかを
調査してみることに何かヒントがあるのでは、ないでしょうか?
庭で、シランの苗を作っている人は、どんな工夫や、土壌の状態、環境の変化をどのようにとらえているのかのアイディアを早急にいただいた方がいいと感じます。
発芽してこないには、訳があると思います。また、夏休みのときに発芽していた苗の行方はどうなったのでしょうか?とても気になります。
あと、少しですが、御坊の環境変化についてや、先輩たちの標本や歴史を最大限に活用し、大きな花を咲かせれるように期待しています。
アシスタント アサヒビール 木村