若武者育成塾 若武者BLOG

若武者BLOGとは?

若武者育成塾とは、地元の地域の環境・食の課題を考え、解決に向けて行動できる未来のリーダーを育てる高校生向けプロジェクト。このブログでは、若武者育成塾での合宿の様子や、参加した高校生が各地域において活動する様子をお伝えしていきます。

記事をシェアしてね!

記事をシェアしてね!

調査報告

こんにちは、栃木農業高校です。先日の若武者育成塾では大変お世話になりました。丹沢山系の自然を体験でき、さらに自然環境について深く学び仲間たちと意見を交換することができとても充実した4日間を送ることができました。 8月の活動報告をします!
丹沢山系へ行き、全国各地で野生動物の被害が多数発生しているのを改めて知りました。私達の住む栃木県の地元農家でもイノシシ・シカ・サルなどの野生動物が農作物を荒らす被害が多く発生していて、その対策として地元農家は鉄柵を張ったり、ネットを張るなどの対策をしていました。私達はもっと有効的な対策はないか、それと麻を使った村おこし活動について環境科学部部員全員で話し合いました。そこで、丹沢山系で見たシカ除けネットや動物の嫌がる植物について思い出しました。伝統工芸品である麻は水分を吸収しやすいためトウガラシ・ハーブなど臭いのある植物の抽出液を染み込ませ刺激性の臭いのある麻縄を作り、それを地元農家でも活かせないかと地元農家で野生動物の調査を行っています。
今後は、野生動物の調査結果をまとめ地元農家の野生動物対策に貢献し村おこし活動を続けていきたいと思っています。

2011083101.jpg          
トウガラシ・ハーブなどの選別作業          

2011083102.jpg

選別したトウガラシ・ハーブなどをお湯で煮詰めて作った抽出液を麻縄にしみこませる作業

コメント

栃木農業の皆さん、投稿ありがとうございます!
トウガラシ&ハーブ、すごい匂いがしそうですね~。

合宿の時に時間がなくて聞けなかったのですが、村おこしに本質的に必要なことについて、皆さんはどんな風に考えていますか?何が深刻な問題で、どんな人に働きかければ村おこしができるのか…。今、日本国中に若い人が活躍する村おこしの事例が増えていますので、そういった事例も参考にしながら、ぜひ考えを巡らせてみてくださいね。

今後の報告も楽しみにしています!

投稿者:日本環境教育フォーラム 塚原

2011.08.31