若武者育成塾 若武者BLOG

若武者BLOGとは?

若武者育成塾とは、地元の地域の環境・食の課題を考え、解決に向けて行動できる未来のリーダーを育てる高校生向けプロジェクト。このブログでは、若武者育成塾での合宿の様子や、参加した高校生が各地域において活動する様子をお伝えしていきます。

記事をシェアしてね!

記事をシェアしてね!

【8月度 活動レポート】

【プロジェクト名】 栃木農業 地域おこしプロジェクト

【今月の活動】
8~9日    栃木農業高校環境科学部部員みんなで話し合いをする
10~12日  伝統工芸品である麻に刺激臭のある植物
         トウガラシ・ハーブ・ドクダミなどの抽出液を染み込ませ
         刺激臭のある麻縄を作成
15~16日 作成した刺激臭のある麻縄を地元農家で使ってもらい
         野生動物の調査中
24日     横浜へ麻の発表会へ行く
         ※刺激臭の麻縄ロープ⇒どうぶつロープ

【今月の活動を通じて感じたこと、学んだこと】
 今月、8/1~8/4の若武者育成塾に参加して、環境について深く学び、
すごく充実したものでした。若武者育成塾の活動が地元での活動の強みに
なっています。
 丹沢山系で経験したことを部活のみんなに伝え、これからの活動について
話し合いました。そして、どうぶつロープを作り地元農家に使ってもらい
野生動物の調査を行っています。
 8/24横浜の麻の発表会へ行き私達の活動を広めることができました。
私達もあさについてさらに知ることができました。
 これからも村おこし活動を続けていきたいです。

【今月うまく行かなかったこと(課題)と、それに対して来月どうしたいか】
●今月うまく行かなかったこと
雨が多かったため、里山へ行く回数が少なかった。

○来月どうしたいか
来月は、土日などの休日を利用して野生動物の調査をし、結果をまとめ、これからについて
皆で考えていきたい。

【チームアシスタントからのコメント】
<8月のコメント>
さっそく地元農家で使ってもらい効果を調べているんですね。
どうぶつロープを使用したことでどれだけ被害が減ったかを
数値で表すことができれば研究発表をした際にも説得力が増すと
思いますので頑張ってください。

<9月以降の計画について>
9月以降の計画の中で早い段階で、「地域おこしプロジェクト」と
「環境問題」がどのように結びついているのか
皆さんで共有認識を持つと良いかもしれません。
(若武者育成塾のテーマが「日本の環境を守る」なので。)

                      チームアシスタント 西井

コメント

早速の活動報告ありがとうございます!

野生動物との共存という意味ではとても分かりやすく、とても結果が楽しみです。
もうすでに取り組んでいるとは思いますが、西井さんもコメントされているように、事前事後の比較などの調査結果を楽しみにしています。

また、合宿の時から、「村おこし」という言葉が度々使われていますが、もう一度「村おこし」が何を指すのか、考えを整理してみるとよいと思います。おそらく、研究を重ねている皆さんの頭の中ではイメージがつながっているのだと思いますが、なぜ「どうぶつロープ」が村おこしにつながるのか、外部の目から見ると、論理の飛躍があるように見えてしまいます。

たとえば、
・そもそも村はいつに比べてどの程度、衰退しているのですか?
・衰退しているとしたら、何が本当の原因?
・その原因に対して何が必要?
・「どうぶつロープ」の効果測定をして、その先をどうするの?
などなどをしっかりと考えてみると良いかもしれません。

では9月の報告も楽しみにしています!

投稿者:日本環境教育フォーラム 塚原

2011.09.21