若武者育成塾 若武者BLOG

若武者BLOGとは?

若武者育成塾とは、地元の地域の環境・食の課題を考え、解決に向けて行動できる未来のリーダーを育てる高校生向けプロジェクト。このブログでは、若武者育成塾での合宿の様子や、参加した高校生が各地域において活動する様子をお伝えしていきます。

記事をシェアしてね!

記事をシェアしてね!

野生動物の調査

こんにちは 栃木農業高校9月の活動報告をしたいと思います!

9月は私たちの住む栃木県で被害報告が多いイノシシ、シカなどの野生動物の特性について調べました。まず、イノシシは警戒心が強く、学習能力が高いうえに運動能力にも優れていて、1メートル程度の柵だと軽々飛び越し、強い力で突進し簡単に柵を破壊してしまいます。そしてシカは稲やそばの茎葉を好んで食べ、イノシシは穀物(稲・そばなど)を大量に食べてしまいす。
そうしたなかで野生動物は臭いにとても敏感であることがわかりました。そこで麻縄ロープにトウガラシ、ハーブ、ニーム、などの刺激性のある植物の抽出液を染み込ませることを考えました。そして、里山で被害の発生している田畑で実用試験を行いました。
さらに、リンゴや梨農家でも猿やカラスによる被害が多くなってきたことを知ったので、私達の考案した麻縄ロープを張ることにしてみました。まず農家の人達にわかりやすいように図案化にし、さらに私たちで説明を加え麻縄ロープを張りました。
さらに私たちは、3年前より水田の畦畔、山林の周辺に彼岸花球根を植栽する活動に取り組んでいます。昔から彼岸花は魔除けとして利用され、また球根には猛毒なアルカロイドが含まれ、動物たちはそれを嫌がり近づきません。この活動も続けています。

以上が9月の活動報告です!

2011100301.jpg栃木県でのイノシシ被害の新聞記事です。
記事からもわかるように野生動物の被害は増えてます。

2011100302.jpg麻縄ロープの張り方を図案化した画像です。
図案を農家の人たちに説明しながら麻縄ロープを張りました。

2011100303_rs.jpg農家で麻縄ロープの実用試験を行っている光景です。麻縄ロープを張るときは手袋をはめます。そして、抽出液が目に入らないよう気を付けて作業をしています。
若武者育成塾に参加した、小宮君と高畑さんが頑張っています!