若武者育成塾 若武者BLOG

若武者BLOGとは?

若武者育成塾とは、地元の地域の環境・食の課題を考え、解決に向けて行動できる未来のリーダーを育てる高校生向けプロジェクト。このブログでは、若武者育成塾での合宿の様子や、参加した高校生が各地域において活動する様子をお伝えしていきます。

記事をシェアしてね!

記事をシェアしてね!

【9月度 活動レポート】

【プロジェクト名】 川プロジェクト

【今月の活動】
河川調査 元小山川の3地点で行う。 全員
9/12~ 調査結果の整理 全員
9/20~ データから気付いたことを挙げていく。 全員
メダカとカダヤシを捕まえてくる。 全員
9/26~ メダカとカダヤシの飼育を始める。 全員

【今月の活動を通じて感じたこと、学んだこと】
川で採ったメダカとカダヤシを飼育するのは予想以上に大変でしたが、こまめに世話をして個体数を増やして、丈夫なメダカとカダヤシにしたいと思います。飼っていて、メダカよりカダヤシのほうが成長が速いように感じました。これは繁殖力があってたくましいと言われている通りになっているのかなと思いました。また餌の量にも気を配っていかなければならなりません。餌をあげすぎて水質を悪化させないように気をつけようと思います。

【今月うまく行かなかったこと(課題)と、それに対して来月どうしたいか】
●今月うまく行かなかったこと
・水槽ごとにメダカとカダヤシを入れたが、個々の大きさに差があるため、共食いをしてしまうことがあった。
・水槽を外に出しておくと、日光の当たり方によっては水質が影響を受けやすい。

○来月どうしたいか
・ほぼ体調の同じものを1つの水槽に入れ、体調の小さいものを大きくするように、こまめにえさをやって育てる。
・室内で飼育して、良い水質の状態を保つ。

【チームアシスタントからのコメント】
元小山川の河川調査から、メダカ生息数の減少にはカダヤシが影響していると考え①DOの影響、②温度の影響がそのポイントと考えたのですね。興味深い進め方だと思います。
ところで、実験の結果DOや温度の関係性が見られなかった場合の事も考えてありますか?11月初旬にデータ整理を行う事になっておりますが、スケジュール上問題有りませんか?合宿でアクションプランを作った時にたくさん出てきた疑問点を解消出来そうですか?(卵・稚魚の捕食、生息水深、活動時間・・・等々)
メンバー全員が納得出来るようにしてほしいと思っています。
最後に、みなさんが取り組んでいるメダカの問題は、他人の共感を得やすいと思います。多くの人が改善しなければいけない問題と考える共通の認識がある為です。その場合、多くの研究者がその問題について研究している場合が多い事を認識する事をお勧めします。メダカについて研究している人や研究報告を探し、参考 (引用) にする事は非常に重要です。先生と相談し探してみてはいかがでしょうか。
今後の進捗を応援しています。

村山

コメント

頑張ってますね
参考になるか分かりませんが、メダカに産卵させるときは、実験器具を洗う硬い毛のブラシは産卵効率も良く、水槽を余り汚さなくていいですよ。
あと、魚にとって水温は非常に重要です。図鑑で調べたりもされれていると思いますが、(どの時期にするかはありますが)川の温度に合わせる方法もあるかと思います。人間の1℃は魚にとって3-4℃の変化です。
また楽しみにしています。

投稿者:やぎ

2011.10.03