若武者育成塾 若武者BLOG

若武者BLOGとは?

若武者育成塾とは、地元の地域の環境・食の課題を考え、解決に向けて行動できる未来のリーダーを育てる高校生向けプロジェクト。このブログでは、若武者育成塾での合宿の様子や、参加した高校生が各地域において活動する様子をお伝えしていきます。

記事をシェアしてね!

記事をシェアしてね!

【10月度 活動レポート】

【プロジェクト名】 栃木農業 地域おこしプロジェクト班

【今月の活動】
10月2日 ・そば畑でのイノシシ、シカ被害調査 須藤、室岡
   8日 ・そば畑に動物ロープを使用しイノシシ対策実用試験 室岡、小宮
  13日 ・ヒガン花の植栽地区でのイノシシ被害調査 小宮、高畑
    ・ヒガン花の植え付け、地域農家と協力して行う 高畑、室岡
    ・ヒガン花球根の株分け、増殖方法調査 小宮、須藤
  18日 ・里山の下草刈り、山林の落ち葉集め 須藤、高畑
  25日 ・動物ロープの実用試験のまとめ、集計 小宮、室岡
  29日 ・水田周辺の稲刈り前のイノシシ対策 高畑、室岡
・市役所、環境課、農政課とのイノシシ対策打ち合わせ 小宮、須藤
・里山での村おこし活動のまとめ。集計 須藤、高畑

【今月の活動を通じて感じたこと、学んだこと】
・里山でのイノシシ、シカ、サルの被害が地域農家でも増え続け水稲、コンニャク、そばなどが食い荒らされ
大きな問題となっています。電気柵や鉄条網は経費も高く山村の傾斜地では設置しにくいなどの問題があるので私達が考えた麻縄ロープは高齢者の方に優しいことが分かりました。彼岸花の球根にはアルカロイドと言われる有毒な物質が含まれ、昔から野ネズミ、モグラを駆除する役目があるとされています。このため彼岸花の球根を農家の人達と協力して、用水路の畦畔に植え付けました。10月の3日~10日頃には、水田には黄金
の稲穂、畑には真っ白に咲き誇るそばの花、畦畔には真っ赤に色づいた彼岸花が里山の自然の景観となり、山村の自然環境の素晴らしさが復活した風景の一つとなっています。

【今月うまく行かなかったこと(課題)と、それに対して来月どうしたいか】
●今月うまく行かなかったこと
・麻縄ロープの張り方や張る場所を選ぶのに苦労した
・彼岸花の球根の増殖方法の時期を検討する。
・山林の下草刈りが学校行事のためにできなかった。
○来月どうしたいか
・効果的な張り方をみつける。
  10月~11月までに行うと活着が良いと思われる。
  11月は土日、祭日を利用して実施する。