若武者育成塾 若武者BLOG

若武者BLOGとは?

若武者育成塾とは、地元の地域の環境・食の課題を考え、解決に向けて行動できる未来のリーダーを育てる高校生向けプロジェクト。このブログでは、若武者育成塾での合宿の様子や、参加した高校生が各地域において活動する様子をお伝えしていきます。

記事をシェアしてね!

記事をシェアしてね!

カンボジア研修旅行に行ってきました

明けましておめでとうございます。

最終発表会でも話していたカンボジア研修旅行に行ってきました。
まだまだカンボジアの農業関係の方や政府関係の方とは繋がりをもてていないため、今回は現地で講演していただいたクラタペッパーの倉田浩伸様をはじめとして現地で奉仕活動を行う本学の経営母体のシスターやその関係者の方々に今回作った動画を見ていただくだけで精一杯でした。

カンボジアのプノンペンなどは想像していたよりもすでに発展していて、もしかすると日本と同じような発展の道をすでに歩んでしまっているようです。しかし、地方の都市はまだまだ発展しておらず、私たちの思いを伝える余地はあるのではないかと感じました。

現地の農家の方に少し話を聞くチャンスはあったのですが、生活するために農業を行っているだけで、環境保全やより豊かになることなどそれ以上のことはあまり考えていないという話や、若い人たちなどはできれば農業を辞めて都市に出て、現金での収入を得たいという話が多く、環境のことを考えてという発想そのものがまだまだ希薄なんだなあというのが実感です。

ただ、これから私たちの学校は毎年カンボジアに研修旅行に行くことになるので、現在私たち3人だけが行っているこの活動を後輩に伝え、少しずつこの動画を届ける範囲を広げ、現地や日本のNPO団体などと協力して、地方の農家の方をまとめ永続可能な農法で豊かになっていくようなモデルケースを構築できたら...などと夢は広がっています。

私たちはもともと環境保全のための活動をしていたのではなく、この若武者育成塾をきっかけにして、地元の永続可能な農法である「梅システム」の考え方を用い、これから発展していく国々に環境と生活の豊かさのバランスを考えた開発をしてほしいという願いを届けたいという思いを抱くようになりました。
短い活動期間でしたが、「READY FOR」へのチャレンジを通して手元には「動画」という活動の成果が一つの形として残ったことは本当に自分たちの中の自信にもなっています。若武者育成塾に参加しなかったらこんな濃厚な時間を過ごすことはできなかったと思います。

今回のすばらしい体験を自分たちの中だけで留まらせないでおこうというのはチーム3人の共通した思いです。次に和歌山信愛が若武者育成塾に選ばれた時には、この活動がもう一段階進んだ状態になっていることを目指し、まずは後輩の賛同者を増やしていきます!

みなさん、ありがとうございました!

20160106和歌山―1.jpg
現地の女子高生とワークショップを行った後、今回の動画を見てもらっているところです。

20160106和歌山―2.jpg
クラタペッパーの倉田浩伸さんにも講演の後動画を見てもらいました。

20160106和歌山―3.jpg
カンボジアの農村の風景です。後ろ姿は大村先生(笑)

■コメント■
こんにちは、事務局の小林です。カンボジアの活動報告、とてもとても気になっておりました。ご報告ありがとうございます!(・・・気になっていたのでひそかに和歌山信愛高校のHPをチェックしていました)カンボジアに行くことで、また行くまでとは違う想いややりたいこと、も出てきたと思います。若武者は卒塾しましたが、この活動や自ら進んで行動すること、はぜひ今後も継続していけるよう、頑張ってくださいね。応援しています!!