若武者育成塾 若武者BLOG

若武者BLOGとは?

若武者育成塾とは、地元の地域の環境・食の課題を考え、解決に向けて行動できる未来のリーダーを育てる高校生向けプロジェクト。このブログでは、若武者育成塾での合宿の様子や、参加した高校生が各地域において活動する様子をお伝えしていきます。

記事をシェアしてね!

記事をシェアしてね!

ハンターとしての一日~狩猟~

甲府第一高校のおかみさんです。

11月12日に山梨県猟友会青年部特別捕獲隊の富士山での狩猟に参加させていただきました。

県から富士山の害獣が増えすぎて困るので駆除をお願いされたそうです。

富士山はとても寒いです。

1人の猟師さんについて行き、その場で息をひそめました。
10人くらいで鹿の通り道を囲み待機します。
犬を放ち鹿を呼び寄せます。その間連絡は無線機で取り合います。

30分経って「本物だ」という無線が入りました。獣が来た証拠です。
その後、バンバン、、バンバンと4発銃声が鳴り響きました。
私の50メートルほど下の猟師さんが仕留めたようです。
行ってみると1匹の鹿が倒れていました。
5人くらいで綱を引っ張って鹿を運びます。

寒さだけのせいではなく、緊張で私の体はかたまっていました。

全員息を潜め、緊張感の伝わる空間でした。
それだけ、生物の命をとるのは責任のあることです。

自分たちの活動の重大さを感じた時間でした。

終わった後、みんなでお昼ご飯を食べました。
さっきの緊迫感を感じさせないほど、笑顔が溢れる空間はとても居心地が良かったです。

部長さんによると、こんな風に全員で力を合わせて山を救うことが楽しく、楽しめることが
一生山を守ることにつながるそうです。とても貴重な経験でした。

20171114_甲府第一①.jpgのサムネイル画像

狩猟現場に向かう山道はとてもデコボコしています。
ジェットコースターに乗っている気分でした。

20171114_甲府第一②.jpg

緊迫した雰囲気の中、私は木の陰に身を潜めました。