若武者育成塾 若武者BLOG

若武者BLOGとは?

若武者育成塾とは、地元の地域の環境・食の課題を考え、解決に向けて行動できる未来のリーダーを育てる高校生向けプロジェクト。このブログでは、若武者育成塾での合宿の様子や、参加した高校生が各地域において活動する様子をお伝えしていきます。

記事をシェアしてね!

記事をシェアしてね!

<情報追加!>JAひがしみの農業祭で販売しました!

こんにちは、恵那農業高校のさっちゃんです。
先日掲載した内容ですが、情報が抜けていたため再掲載させていただきます。

私たちは11月12日にJA東美濃農業祭にて私たちが開発した蜂蜜と食パンの販売をしました。
また、私は午前中に田口建設の田口さんとエゴマの選別作業を行いました。
この日は前日まで続いていた強風も収まり、天候にも恵まれとても良い環境でした!

エゴマの選別作業では、脱穀したエゴマの実を乾燥させ、唐箕(とうみ)と呼ばれる機械で風を起こし細かいごみと実を分ける作業を行います。

簡単で単純な作業ですが、大量にあるエゴマの実は運ぶだけでも一苦労ですし、長時間の選別作業はなかなか大変です。
ですが、きれいになっていくエゴマを見ると楽しく、達成感があります!

午後からはみつばち研究班の仲間と合流し農業祭での販売・企画展・クイズラリーの運営をしました。
この農業祭は岐阜県東濃地域の大きなイベントの一つで、県内外から人が集まり毎年多くの人で溢れます。

みつばち研究班は地元JAさんやパン屋さん、養蜂園さんと共同で、4つのイベント・販売を企画してきました。
企画展では私たちの取り組みの成果をパネルや展示物を用意して来場された方にミツバチの役割や農業と環境への貢献を情報発信しました。

またこの企画展と連動した形で会場内4か所にてみつばちクイズラリーを実施し、まだ集計途中ですが多くの方に参加していただけました!
企画展の内容を問題にすることでたくさんの来場者の方に楽しみながらミツバチの事を知って頂けたと思います。

販売では共同開発したルヴァン・ドォルさんと一緒にハチミツ天然酵母のエゴマ食パンを販売しました!
ステージ上でMCの方とのトークショーでも班の仲間がPRしてくれたおかげもあり私が到着した頃には完売していました!

また堀養蜂園さんに指導していただきながら今年度私たちが育てた蜂群から搾った蜂蜜「恵蜜(めぐみつ~百花繚乱~)」も20本完売することができました!

ここで販売して得た収益は耕作放棄地の整備やラベルの費用など、活動に利用されます。
立ち寄って下さる方も多くとてもうれしかったです!

171120恵那5①.jpg
エゴマの選別作業です。
周辺にあるのがエゴマで、私の前のある機械が唐箕です。
手前のレバーを回して風を起こし、細かいごみと分別します。

171120恵那5②.jpg
クイズラリーは幅広い年代から多くの人に立ち寄って頂けました!1問クイズを紹介します!

Q働き蜂が一生で集める蜂蜜の量はどれくらいでしょうか?
①さじ1杯 ②おたま1杯 ③どんぶり1杯


A. ①

171120恵那5③.jpg
堀さんのブースで東濃の百花蜜を販売させていただきました!
堀さんはとても気さくな方で、接客やコミュニケーションの取り方など、多くの事を学べました!