1. ホーム
  2. IR・投資家情報
  3. 財務・業績情報
  4. 月次販売情報
  5. 2012年1月

月次販売情報 2012年1月

ビール・発泡酒・新ジャンル 月次販売データ 2012年

一昨年までは課税ベースでの数量(課税移出数量)をお知らせしておりましたが、昨年より販売ベースで算出した前年比でのお知らせとさせていただいております。

アサヒビール 2012年(平成24年)1月のビール類 販売動向

本年1月のビール類(ビール・発泡酒・新ジャンル)販売動向およびブランド別販売数量をご案内いたします。宜しくお願い申し上げます。

[販売実績前年比] 2012年1月 2012年1-1月
前年比(%) 前年比(%)
ビール 101 101
発泡酒 89 89
新ジャンル 119 119
合計 103 103

アサヒビールの新ジャンルは、リキュール(発泡性)①のみです。

販売数量ベースの前年比で、課税数量の前年比ではありません。

[ブランド別販売実績] 2012(平成24)年1月 2012(平成24)年1-1月
本年箱数(万箱) 前年比(%) 前年箱数(万箱) 本年箱数(万箱) 前年比(%) 前年箱数(万箱)
スーパードライ 480 101.1% 475 480 101.1% 475
スタイルフリー 60 100.0% 60 60 100.0% 60
クリアアサヒ 114 122.6% 93 114 122.6% 93
アサヒ オフ 34 100.0% 34 34 100.0% 34
ブルーラベル 16 16

(注)箱数表記で特に記載の無いものは、1箱=633ml(大びん)×20本 で換算しています。

業界関連リンク

2012年(平成24年)1月 アサヒグループ トピックス

本年1月のアサヒグループのトピックスをご案内いたします。

【その他酒類事業】

  • 昨年5月に発売した「サントネージュ・リラ」が引き続き好調に推移し、国産ワイン計で前年比129%と大きく伸長した。
  • 輸入ワインは、「カリテラ」(チリ)、「アンティノリ」(イタリア)、「アルマデン」(アメリカ)等のブランドが牽引し、前年比112%と二桁増となった。
  • 洋酒カテゴリーでは、「竹鶴」ブランドが前年比108%と好調だった。

前年比は数量ベース

【飲料事業】

アサヒ飲料
  • アサヒ飲料合計で前年比106%と、業界平均を上回る好調なスタートとなった。
  • 基幹ブランドは「三ツ矢」が107%、「十六茶」が104%と好調だった。
  • ロングセラーブランドは「六甲のおいしい水」が116%、「ウィルキンソン」が173%、「バヤリース」が139%と好調だった。

前年比は数量ベース

【食品事業】

アサヒフードアンドヘルスケア
  • 事業全体の前年比は97%となった。
  • 「1本満足バー」の前年比は単月111%と好調だった。1/13からは新TVCMの放映を開始し、お客様の認知度が高まっている。
  • 「スープ」の前年比は111%と好調だった。既存商品に加え、1/16に新発売した『スープごはん 松茸雑炊』が寄与した。
  • 「エビオス錠」の前年比が単月135%と大幅に増加した。特に『エビオス錠 2000錠』が前年比153%と好調だった。
  • 1月30日発売の「素肌しずく」が寄与し、化粧品関連は前年比245%となった。
和光堂
  • 事業全体では94%となった。
  • ベビーフードは前年比111%で二桁増となった。
    主力ブランドである「グーグーキッチン」の販売数量が前年比128%と、前年に引き続き好調を維持している。
    乳幼児用ペットボトル飲料の販売数量が前年比117%となった。
天野実業
  • 事業全体では前年比118%と好調な出足となった。
  • 流通通販事業は前年比125%だった。スーパーでの商品取り扱い店増加が寄与している。
  • 通信販売事業は前年比146%だった。
    「にゅうめん」はテレビCMと新聞折込チラシの連動により、通常売上の3倍となった。

前年比は金額ベース

【その他トピックス】

  • 豪州でミネラルウォーターの水源を有する水専業会社「マウンテンH2O」社の全株式を、1月30日に取得した。


月次販売情報

2010年以前の月次情報はアサヒビール社のサイトにリンクしています。