1. トップページ
    2. 株主・投資家のみなさまへ
    3. 財務・業績情報

株主・投資家のみなさまへ

月次販売情報

ビール・発泡酒・新ジャンル 月次販売データ 2018年

アサヒビール 2018年9月のビール類 販売動向

◆ 本年9月のビール類(ビール・発泡酒・新ジャンル)販売動向およびブランド別販売数量をご案内いたします。宜しくお願い申し上げます。

[ビール類販売動向]

2018年9月

2018年1-9月

前年比(%)

前年比(%)

ビール

95 94

発泡酒

91 93

新ジャンル

99 93

ビール類計

96 93

※アサヒビールの新ジャンルは、リキュール(発泡性)①のみです。
※販売数量ベースの前年比であり、課税数量の前年比ではありません。

[ブランド別販売実績]

2018年9月

2018年1-9月

本年箱数
(万箱)

前年比
(%)

前年箱数
(万箱)

本年箱数
(万箱)

前年比
(%)

前年箱数
(万箱)

スーパードライ 計

668 94.6 706 6,536 92.9 7,033

スタイルフリー 計

106 93.0 114 930 94.5 984

クリアアサヒ 計

308 99.7 309 2,443 91.5 2,670

※1箱=633ml(大びん)×20本換算

アサヒ飲料社 月次販売データ 2018年

主要カテゴリー

(主要ブランド等)

2018年9月

2018年1-9月

本年箱数
(千箱)

前年比
(%)

前年箱数
(千箱)

本年箱数
(千箱)

前年比
(%)

前年箱数
(千箱)

炭酸

5,530 104 5,330 52,920 108 48,830

三ツ矢

3,140 101 3,100 31,990 106 30,110

ウィルキンソン

1,890 105 1,810 16,720 110 15,140

乳性

3,930 108 3,650 38,550 110 34,940

カルピス ストレート

3,030 110 2,770 29,770 111 26,930

カルピス コンク

260 96 270 3,650 106 3,460

コーヒー

3,770 97 3,890 30,540 94 32,600

ワンダ

3,610 98 3,690 29,130 95 30,670

お茶

3,740 111 3,380 31,240 100 31,110

十六茶

2,300 116 1,980 18,260 102 17,860

ミネラルウォーター

2,130 104 2,050 18,870 103 18,330

おいしい水

2,130 104 2,050 18,870 103 18,330

果汁

1,720 105 1,650 15,420 95 16,190

バヤリース

930 107 870 8,170 92 8,910

ウェルチ

360 94 390 3,840 98 3,940

総合計

22,480 105 21,510 202,860 103 196,490

<補足>

『健康飲料』計

960 181 530 5,170 106 4,870

稼働日 23日(昨年は24日)

※『健康飲料』とは、特定保健用食品、機能性表示食品、エビデンスのある一般飲料を取りまとめたものになります。

2018年9月 アサヒグループ トピックス

◆ 本年9月のアサヒグループのトピックスをご案内いたします。

【ビール類以外の酒類事業】

  • ■洋酒
    • ・国産ウイスキーは、前年比109%となった。
    • ・主力の「ブラックニッカ」ブランドは、前年比106%となった。9月11日にパッケージをリニューアルした『ブラックニッカ ディープブレンド』が前年比162%と伸長した。同日発売した『ブラックニッカ ディープブレンド エクストラスイート』も寄与した。
    • ・飲食店向けの「ブラックニッカ クリア樽詰ハイボール」は、前年比118%となった。
    • ・輸入ウイスキー「ジャック ダニエル」は、前年比103%となった。9月は「ジャック ダニエル」の世界観が楽しめるイベント「JACK DANIEL’S EXPERIENCE 2018 JAPAN」を大阪・福島・和歌山・沖縄・茨城・福岡の6地区で開催し、ブランド認知の向上を図った。
  • ■RTD
    • ・3月に発売した「贅沢搾り」は、9月19日発売の新フレーバー<キウイ>が寄与し、9月までに316万箱を販売した。上方修正した年間販売目標400万箱の達成に向けて順調に推移している。
    • ・RTD(缶・瓶)は、「贅沢搾り」が牽引し、前年比101%となった。
  • ■ワイン
    • ・9月4日にチリワイン「レイダ」を新発売した。チリワインの中価格帯ブランドとしてラインアップを強化する。
  • ■焼酎
    • ・主力ブランドの「かのか」は、『麦焼酎かのか 焙煎まろやか仕立て25度 紙パック1800ml』や『芋焼酎 黒かのか』が好調で、1−9月累計で前年比103%となった。
  • ■ノンアルコールビールテイスト飲料
    • ・「アサヒドライゼロ」ブランドは、単月前年比100%、1−9月累計では前年比104%となった。

※前年比は数量ベース

【飲料事業】

  • アサヒ飲料
    • ・単月前年比105%、累計前年比103%となった。
    • ・「三ツ矢」「カルピス」「ウィルキンソン」「十六茶」「おいしい水」ブランドは、単月で前年実績を上回った。上旬の気温が高かったことで、炭酸飲料、お茶などの止渇系飲料の販売が好調だった。
    • ・炭酸カテゴリーは、単月前年比104%、累計前年比108%となった。
    • ・「三ツ矢」ブランドは、9月18日発売「三ツ矢 ビターライム」が寄与して、単月前年比101%、累計前年比106%となった。
    • ・「ウィルキンソン」ブランドは、主力の「ウィルキンソン タンサン」に加え、9月4日発売「ウィルキンソン タンサン エクストラ」が好調で、単月前年比105%、累計前年比110%となった。
    • ・「十六茶」ブランドは、9月11日発売の機能性表示食品「アサヒ からだ十六茶」が寄与して、単月前年比116%、累計前年比102%となった。
    • ・乳性カテゴリーは、単月前年比108%、累計前年比110%となった。
    • ・「カルピス」ブランドは、単月前年比108%、累計前年比110%となった。9月25日リニューアル発売「濃いめの『カルピス』」は単月前年比119%と好調だった。

※前年比は数量ベース

【食品事業】

  • アサヒグループ食品
    • ・単月前年比96%、累計前年比102%となった。
  • 食品菓子
    • ・食品菓子は、単月前年比98%、累計前年比102%となった。
    • ・「ミンティア」は、単月前年比103%、累計前年比104%となった。
    • ・「バランスアップ」は、9月10日発売『クリーム玄米ブラン ティラミスのブラウニー』が寄与して、単月前年比107%、累計前年比100%となった。
  • フリーズドライ食品
    • ・フリーズドライ食品の店頭販売用商品は、単月前年比101%、累計前年比117%となった。
    • ・みそ汁は、主力の「いつものおみそ汁」ブランドが好調で、単月前年比115%、累計前年比124%となった。
  • ベビー&シニア
    • ・ベビー&シニアは、単月前年比100%、累計前年比106%となった。
    • ・ベビーフードは、ベビー用の乾麺「らくらくまんま」ブランドが好調で、単月前年比103%、累計前年比108%となった。
  • ヘルスケア
    • ・ヘルスケアは、単月前年比105%、累計前年比110%となった。
    • ・「ディアナチュラ」は、単月前年比116%、累計前年比123%となった。パウチタイプの『ディアナチュラスタイル 鉄×マルチビタミン』、機能性表示食品の『ディアナチュラゴールド DHA&EPA』の好調に加え、8月27日発売『ディアナチュラアクティブ ソイココア』が寄与した。

※前年比は金額ベース

【その他】

  • ・台湾における酒類販売を担う、臺灣朝日啤酒股份有限公司(アサヒビール台湾)は、期間限定バー「ASAHI SUPER DRY×猫下去(マオシャチュ)」を、9月7日(金)から11月4日(日)までの約2か月間、台北市信義区にオープンする。台湾における『アサヒスーパードライ』の飲用機会の拡大を図り、きめ細やかな泡“エンジェルリング”に代表される『アサヒスーパードライ』の品質の高さを実感いただくことで、ブランドの価値向上を目指す。