1. トップページ
    2. 株主・投資家のみなさまへ
    3. 財務・業績情報
    4. 月次販売情報
    5. 2019年3月 月次販売情報

株主・投資家のみなさまへ

月次販売情報

ビール・発泡酒・新ジャンル 月次販売データ 2019年

アサヒビール 2019年(平成31年)3月のビール類 販売動向

◆ 本年3月のビール類(ビール・発泡酒・新ジャンル)販売動向およびブランド別販売数量をご案内いたします。宜しくお願い申し上げます。

[ビール類販売動向]

2019年3月

2019年1-3月

前年比(%)

前年比(%)

ビール

111 96

発泡酒

86 92

新ジャンル

100 105

ビール類計

105 98

※アサヒビールの新ジャンルは、リキュール(発泡性)①のみです。
※販売数量ベースの前年比であり、課税数量の前年比ではありません。

[ブランド別販売実績]

2019年3月

2019年1-3月

本年箱数
(万箱)

前年比
(%)

前年箱数
(万箱)

本年箱数
(万箱)

前年比
(%)

前年箱数
(万箱)

スーパードライ 計

681 110.2 618 1,627 96.6 1,684

スタイルフリー 計

97 86.6 112 253 92.7 273

クリアアサヒ 計

244 90.4 270 603 88.4 682

※1箱=633ml(大びん)×20本換算

アサヒ飲料社 月次販売データ 2019年

主要カテゴリー

(主要ブランド等)

2019年3月

2019年1-3月

本年箱数
(千箱)

前年比
(%)

前年箱数
(千箱)

本年箱数
(千箱)

前年比
(%)

前年箱数
(千箱)

炭酸

6,260 111 5,640 14,370 111 13,000

三ツ矢

3,820 106 3,590 8,280 106 7,830

ウィルキンソン

1,880 111 1,700 4,690 113 4,170

乳性

4,220 108 3,900 9,920 105 9,460

カルピス ストレート

3,200 108 2,960 7,420 106 7,030

カルピス コンク

310 107 290 810 105 780

コーヒー

3,740 103 3,610 9,130 95 9,590

ワンダ

3,580 104 3,430 8,760 96 9,100

お茶

3,190 113 2,830 8,320 105 7,940

十六茶

1,890 119 1,580 4,870 108 4,530

ミネラルウォーター

1,580 91 1,750 4,150 90 4,620

おいしい水

1,580 91 1,750 4,150 90 4,620

果汁

1,700 108 1,580 4,410 97 4,530

バヤリース

900 107 840 1,980 101 1,960

ウェルチ

410 115 360 960 99 970

総合計

22,300 107 20,770 54,480 103 52,990

<補足>

『健康飲料』計

700 114 620 1,770 116 1,520

稼働日 24日(昨年は25日)

※『健康飲料』とは、特定保健用食品、機能性表示食品、エビデンスのある一般飲料を取りまとめたものになります。

2019年3月 アサヒグループ トピックス

◆ 本年3月のアサヒグループのトピックスをご案内いたします。

【ビール類以外の酒類事業】

  • ■洋酒
    • ・国産ウイスキーは、前年比107%となった。
    • ・「ブラックニッカ」ブランドは、前年比103%となった。2018年9月にパッケージリニューアルを行った『ブラックニッカ ディープブレンド』が前年比155%と引き続き好調。飲食店向けの『ブラックニッカ クリア樽詰めハイボール』は、前年比122%となった。
  • ■RTD
    • ・RTD(缶・瓶)は、前年比83%となった。2018年3月の「アサヒ贅沢搾り」新発売の裏返しが影響した。
    • ・「ウィルキンソン」RTDは、「ウィルキンソン・ハードナイン」を3月5日にリニューアル発売し、前年比271%となった。
    • ・飲食店向けの樽詰めサワー「樽ハイ倶楽部」は、前年比146%となった。
    • ・4月には、主力ブランドの「アサヒもぎたて」をクオリティアップし、RTD市場におけるプレゼンス向上を図る。
  • ■ワイン
    • ・国産ワイン「サントネージュ無添加」シリーズは、3月12日発売「酸化防止剤無添加のやさしいワイン」が寄与し、前年比213%となった。
  • ■ノンアルコールビールテイスト飲料
    • ・「アサヒドライゼロ」ブランドは、前年比101.8%となった。

※前年比は数量ベース

【飲料事業】

  • アサヒ飲料
    • ・単月前年比107%、累計前年比103%となった。
    • ・「三ツ矢」「カルピス」「ウィルキンソン」「ワンダ」「十六茶」の主要ブランドは、単月で前年実績を上回った。
    • ・炭酸カテゴリーは、単月前年比111%、累計前年比111%となった。
    • ・「三ツ矢」ブランドは単月前年比106%となった。主力の『三ツ矢サイダー』の好調に加え、3月19日発売『特産三ツ矢 青森県産王林』などが寄与した。
    • ・「ウィルキンソン」ブランドは、単月前年比111%となった。主力の『ウィルキンソン タンサン』に加え、昨年9月発売『ウィルキンソン タンサン エクストラ』が好調だった。
    • ・乳性カテゴリーは、単月前年比108%、累計前年比105%となった。
    • ・「カルピス」ブランドは、単月前年比108%となった。3月26日リニューアル発売『カラダカルピス』、同日発売『「カルピスソーダ」まろやか微発泡』などが寄与した。
    • ・お茶カテゴリーは、単月前年比113%、累計前年比105%となった。
    • ・「十六茶」ブランド、は、単月前年比119%となった。主力の『アサヒ 十六茶』の好調に加え、3月26日リニューアル発売『アサヒ からだ十六茶』などが寄与した。

※前年比は数量ベース

【食品事業】

  • アサヒグループ食品
    • ・単月前年比97%、累計前年比96%となった。
  • 食品事業
    • ・食品事業は、単月前年比97%、累計前年比92%となった。
    • ・「ミンティア」は、単月前年比96 %となった。
    • ・「1本満足バー」は、単月前年比123%となった。3月18日リニューアル発売「1本満足バー タルト」シリーズが好調だった。
    • ・「袋キャンディ」は、『三ツ矢サイダーキャンディ』『カルピス®キャンディ』が好調で、単月前年比104%となった。
    • ・「フリーズドライみそ汁」の店頭販売用商品は、単月前年比103%となった。
  • ベビー&ヘルスケア事業
    • ・ベビー&ヘルスケア事業は、単月前年比95%、累計前年比100%となった。
    • ・「粉ミルク」は、単月前年比104%となった。
    • ・「ベビーフード」は、単月前年比90%となった。
    • ・「シニア向け食品」は、「バランス献立」「とろみエール」の好調により、単月前年比119%となった。
    • ・「エビオス」は、3月に新TVCMを放映するなど販促活動を強化し、単月前年比117%となった。

※前年比は金額ベース

【その他】

    • ・アサヒグループホールディングスは、研究戦略の立案、研究開発、および新規事業創出に取り組む新会社としてアサヒクオリティーアンドイノベーションズ株式会社を設立した。研究開発に関する意思決定の自由度と機動性を向上させ、グループ戦略に基づいた研究課題や新規事業にリソースを重点的に配分する。