1. トップページ
    2. 株主・投資家のみなさまへ
    3. 財務・業績情報
    4. 月次販売情報
    5. 2019年6月 月次販売情報

株主・投資家のみなさまへ

月次販売情報

ビール・発泡酒・新ジャンル 月次販売データ 2019年

アサヒビール 2019年6月のビール類 販売動向

◆ 本年6月のビール類(ビール・発泡酒・新ジャンル)販売動向およびブランド別販売数量をご案内いたします。宜しくお願い申し上げます。

[ビール類販売動向]

2019年6月

2019年1-6月

前年比(%)

前年比(%)

ビール

96 95

発泡酒

93 93

新ジャンル

99 102

ビール類計

96 97

※アサヒビールの新ジャンルは、リキュール(発泡性)@のみです。
※販売数量ベースの前年比であり、課税数量の前年比ではありません。

[ブランド別販売実績]

2019年6月

2019年1-6月

本年箱数
(万箱)

前年比
(%)

前年箱数
(万箱)

本年箱数
(万箱)

前年比
(%)

前年箱数
(万箱)

スーパードライ 計

825 93.5 882 3,867 96.5 4,007

スタイルフリー 計

112 94.9 118 570 94.5 603

クリアアサヒ 計

266 82.6 322 1,357 86.2 1,575

※1箱=633ml(大びん)×20本換算

アサヒ飲料社 月次販売データ 2019年

主要カテゴリー

(主要ブランド等)

2019年6月

2019年1-6月

本年箱数
(千箱)

前年比
(%)

前年箱数
(千箱)

本年箱数
(千箱)

前年比
(%)

前年箱数
(千箱)

炭酸

7,440 111 6,690 35,260 111 31,660

三ツ矢

4,170 99 4,200 19,820 103 19,300

ウィルキンソン

2,680 133 2,020 12,300 122 10,060

乳性

5,200 106 4,880 24,060 104 23,140

カルピス ストレート

3,700 99 3,730 18,100 102 17,710

カルピス コンク

790 123 640 2,380 108 2,210

コーヒー

4,160 101 4,110 20,370 97 21,110

ワンダ

4,010 102 3,940 19,550 97 20,130

お茶

4,000 106 3,760 18,880 102 18,520

十六茶

2,400 111 2,150 11,090 103 10,790

ミネラルウォーター

2,000 82 2,440 9,510 84 11,270

おいしい水

2,000 82 2,440 9,510 84 11,270

果汁

1,680 90 1,870 9,360 96 9,730

バヤリース

950 96 1,000 4,830 98 4,930

ウェルチ

530 83 630 2,300 94 2,440

総合計

26,780 104 25,760 127,840 102 124,800

<補足>

『健康飲料』計

940 153 610 4,000 127 3,150

稼働日 24日(昨年は25日)

※『健康飲料』とは、特定保健用食品、機能性表示食品、エビデンスのある一般飲料を取りまとめたものになります。

2019年6月 アサヒグループ トピックス

◆ 本年6月のアサヒグループのトピックスをご案内いたします。

【ビール類以外の酒類事業】

  • ■洋酒
    • ・国産ウイスキーは、累計前年比110%となった。
    • ・「ブラックニッカ」ブランドは、累計前年比105%となった。『ブラックニッカ ディープブレンド』は、店頭での採用店舗が拡大し、累計前年比175%と伸長した。飲食店向けの『ブラックニッカ クリア樽詰ハイボール』は、累計前年比123%となった。期間限定バー『BLACK 3 STYLES BAR』を6月20日から東京・六本木ヒルズ内の「ヒルズカフェ/スペース」で展開し、「ブラックニッカ」ブランドの認知拡大を図った。
  • ■RTD
    • ・RTD(缶・瓶)は、主力ブランドの「ウィルキンソンRTD」の好調や、期間限定商品の発売などが寄与し、累計前年比103%となった。
    • ・「ウィルキンソンRTD」は、3月5日発売「ウィルキンソン・ハードナイン」シリーズ、6月4日発売「ウィルキンソン・ドライセブン」シリーズが好調で、累計前年比152%となった。
    • ・飲食店向けの樽詰めサワー「樽ハイ倶楽部」は、累計前年比111%となった。
  • ■ワイン
    • ・日本ワイン「サントネージュ」ブランドは、飲食店での取り扱い拡大などにより、累計前年比153%となった。
    • ・スペインワイン「フェリックス・ソリス」は、2月19日以降順次発売した「ロス・モリノス」など日欧EPA発効後に発売した新商品が寄与し、累計前年比116%と伸長した。
    • ・輸入ワインの主力ブランド「サンタ・ヘレナ・アルパカ」は、株式会社アーバンリサーチとのコラボレーション企画で、ブランド初のコンセプトレストラン「アルパカ・キッチン」を6月7日から東京・立川に展開し、飲用者の拡大を図った。
  • ■ノンアルコールビールテイスト飲料
    • ・「アサヒドライゼロ」ブランドは、累計前年比101.4%となった。

※前年比は数量ベース

【飲料事業】

  • アサヒ飲料
    • ・累計前年比102%となった。
    • ・「三ツ矢」「カルピス」「十六茶」「ウィルキンソン」の主要ブランドは、累計で前年実績を上回った。
    • ・炭酸カテゴリーは、累計前年比111%となった。
    • ・「ウィルキンソン」ブランドは、主力の『ウィルキンソン タンサン』や『ウィルキンソン タンサン レモン』の好調により、累計前年比122%となった。
    • ・乳性カテゴリーは、累計前年比104%となった。
    • ・「カルピス」ブランドは、累計前年比103%となった。6月11日発売『「カルピス」贅沢時間 マンゴーの王様』、6月25日発売『真夏日の「カルピス」』、7月7日「カルピス」100周年に向けた店頭での販促強化が寄与した。
    • ・お茶カテゴリーは、累計前年比102%となった。
    • ・「十六茶」ブランドは、累計前年比103%となった。主力の『アサヒ 十六茶』の好調や、6月4日発売『アサヒ 脱水対策十六茶』が寄与した。

※前年比は数量ベース

【食品事業】

  • アサヒグループ食品
    • ・累計前年比100%となった。
  • 食品事業
    • ・食品事業は、累計前年比99%となった。
    • ・「ミンティア」は、4月8日に発売した「ミンティアブリーズ」の新商品が牽引し、累計前年比は107%となった。
    • ・「1本満足バー」は、累計前年比115%となった。
    • ・「袋キャンディ」は、累計前年比109%となった。5月27日発売『三ツ矢塩キャンディアソート』など夏場に向けて発売した商品が好調だった。
    • ・「フリーズドライみそ汁」の店頭販売用商品は、累計前年比106%となった。
  • ベビー&ヘルスケア事業
    • ・ベビー&ヘルスケア事業は、累計前年比102%となった。
    • ・「粉ミルク」は、累計前年比109%となった。
    • ・「ベビーフード」は、累計前年比101%となった。
    • ・「シニア向け食品」は、「バランス献立」「とろみエール」の好調により、累計前年比129%となった。
    • ・「ディアナチュラ」は、機能性表示食品「ディアナチュラゴールド」シリーズやプロテインパウダー「ディアナチュラアクティブ」シリーズが好調で、累計前年比107%となった。

※前年比は金額ベース

【その他】

    • ・アサヒグループホールディングスは、アサヒビール茨城工場に「自立型水素エネルギー供給システム[H2One]」を導入し、2019年6月17日から稼働を開始した。[H2One]は、自給自足で安定的に電力供給が可能となるCO2フリーの発電システムで、アサヒグループは本システムの導入により再生可能エネルギーの活用による環境負荷低減を目指す。