1. トップページ
    2. 株主・投資家のみなさまへ
    3. 財務・業績情報
    4. 月次販売情報
    5. 2019年7月 月次販売情報

株主・投資家のみなさまへ

月次販売情報

ビール・発泡酒・新ジャンル 月次販売データ 2019年

アサヒビール 2019年7月のビール類 販売動向

◆ 本年7月のビール類(ビール・発泡酒・新ジャンル)販売動向およびブランド別販売数量をご案内いたします。宜しくお願い申し上げます。

[ビール類販売動向]

2019年7月

2019年1-7月

前年比(%)

前年比(%)

ビール

87 94

発泡酒

89 93

新ジャンル

96 101

ビール類計

89 96

※アサヒビールの新ジャンルは、リキュール(発泡性)@のみです。
※販売数量ベースの前年比であり、課税数量の前年比ではありません。

[ブランド別販売実績]

2019年7月

2019年1-7月

本年箱数
(万箱)

前年比
(%)

前年箱数
(万箱)

本年箱数
(万箱)

前年比
(%)

前年箱数
(万箱)

スーパードライ 計

825 85.7 963 4,692 94.4 4,970

スタイルフリー 計

101 91.0 111 671 94.0 714

クリアアサヒ 計

224 81.2 276 1,581 85.4 1,851

※1箱=633ml(大びん)×20本換算

アサヒ飲料社 月次販売データ 2019年

主要カテゴリー

(主要ブランド等)

2019年7月

2019年1-7月

本年箱数
(千箱)

前年比
(%)

前年箱数
(千箱)

本年箱数
(千箱)

前年比
(%)

前年箱数
(千箱)

炭酸

6,700 78 8,610 41,960 104 40,270

三ツ矢

3,420 63 5,420 23,240 94 24,720

ウィルキンソン

2,600 104 2,490 14,890 119 12,550

乳性

4,030 68 5,970 28,090 97 29,110

カルピス ストレート

3,160 66 4,810 21,250 94 22,520

カルピス コンク

400 63 630 2,780 98 2,840

コーヒー

2,540 93 2,740 22,900 96 23,850

ワンダ

2,400 93 2,600 21,950 97 22,720

お茶

3,320 66 5,000 22,210 94 23,520

十六茶

1,760 61 2,890 12,850 94 13,670

ミネラルウォーター

1,730 59 2,950 11,240 79 14,220

おいしい水

1,730 59 2,950 11,240 79 14,220

果汁

1,540 76 2,030 10,900 93 11,760

バヤリース

880 76 1,170 5,710 94 6,100

ウェルチ

430 78 560 2,730 91 3,000

総合計

21,980 74 29,610 149,820 97 154,410

<補足>

『健康飲料』計

600 113 540 4,600 125 3,690

稼働日 25日(昨年は24日)

※『健康飲料』とは、特定保健用食品、機能性表示食品、エビデンスのある一般飲料を取りまとめたものになります。

2019年7月 アサヒグループ トピックス

◆2019年7月のアサヒグループトピックスをご案内いたします。

【ビール類以外の酒類事業】

  • ■洋酒
    • ・国産ウイスキーは、前年比112%となった。
    • ・「ブラックニッカ」ブランドは、前年比111%となった。『ブラックニッカ ディープブレンド』は、店頭での採用店舗が拡大し、前年比201%と伸長した。飲食店向けの『ブラックニッカ クリア樽詰ハイボール』は、前年比114%となった。
  • ■RTD
    • ・RTD(缶・瓶)は、主力ブランド「ウィルキンソンRTD」の好調や、7月9日発売『スカイブルー サニーオレンジ』、7月17日発売『ニッカ淡麗辛口ハイボール期間限定クリアジンジャー』などが寄与し、前年比106%となった。
    • ・「ウィルキンソンRTD」は、6月4日発売「ウィルキンソン・ドライセブン」シリーズの好調や、7月23日発売『ウィルキンソン・ドライセブン期間限定ドライレモントニック』が寄与し、前年比260%となった。
    • ・飲食店向けの樽詰めサワー「樽ハイ倶楽部」は、前年比103%となった。
  • ■ワイン
    • ・日本ワイン「サントネージュ」ブランドは、飲食店での取り扱い拡大などにより、前年比139%となった。
    • ・輸入ワインの主力ブランド「サンタ・ヘレナ・アルパカ」は、前年比110%となった。アパレル企業/アーバンリサーチ社とのコラボレーション企画としてコンセプトレストラン「アルパカ・キッチン」、テイスティングワークショップ「アルパカ・キャラバン」を展開し、飲用層や飲用シーンの拡大を図った。
    • ・ファインワインは、主力の「ランソン」が前年比110%、「ルイ・ラトゥール」が前年比103%と好調に推移した。
  • ■ノンアルコールビールテイスト飲料
    • ・「アサヒドライゼロ」ブランドは、天候不順や昨年の新商品発売時に行った販促の反動で、前年比79.6%となった。

※前年比は数量ベース

【飲料事業】

  • アサヒ飲料
    • ・単月前年比74%、累計前年比97%となった。昨年の猛暑による販売数量増加の裏返し、梅雨明けの長期化などの天候不順の影響を受けた。
    • ・「ウィルキンソン」ブランドは、単月で前年実績を上回った。
    • ・炭酸カテゴリーは、単月前年比78%、累計前年比104%となった。
    • ・「ウィルキンソン」ブランドは、『ウィルキンソン タンサン レモン』の好調や、7月23日発売『ウィルキンソン タンサン クールシトラス』が寄与し、単月前年比104%となった。
    • ・コーヒーカテゴリーは、単月前年比93%、累計前年比96%となった。
    • ・乳性カテゴリーは、単月前年比68%、累計前年比97%となった。
    • ・お茶カテゴリーは、単月前年比66%、累計前年比94%となった。

※前年比は数量ベース

【食品事業】

  • アサヒグループ食品
    • ・単月前年比108%、累計前年比101%となった。
  • 食品事業
    • ・食品事業は、単月前年比111%、累計前年比100%となった。
    • ・「ミンティア」は、4月8日発売『ミンティアブリーズ フレッシュグレープ』『ミンティアブリーズ フレッシュレモン』の好調により、単月前年比124%となった。
    • ・「1本満足バー」は、7月1日に全国で再発売した『1本満足バー プロテインチョコ』が寄与し、単月前年比168%となった。
    • ・「フリーズドライみそ汁」は、主力の「いつものおみそ汁」「うちのおみそ汁」が好調で、単月前年比115%となった。
  • ベビー&ヘルスケア事業
    • ・ベビー&ヘルスケア事業は、単月前年比105%、累計前年比102%となった。
    • ・「粉ミルク」は、主力の『レーベンスミルク はいはい』が好調で、単月前年比131%となった。
    • ・「シニア向け食品」は、「バランス献立」「栄養プラス」「とろみエール」の好調により、単月前年比139%となった。
    • ・「ディアナチュラ」は、機能性表示食品「ディアナチュラゴールド」や、新TVCMの放映など販促活動を強化したプロテインパウダー「ディアナチュラアクティブ」が好調で、単月前年比123%となった。

※前年比は金額ベース

【その他】

    • ・アサヒグループホールディングスとグループ事業会社の計6社は、国土交通省・経済産業省・農林水産省が推進する「ホワイト物流」推進運動の趣旨に賛同し、自主行動宣言を7月31日に提出した。トラック運転従事者の減少や高齢化、トラック調達コストの上昇傾向などが加速し、物流を取り巻く環境が年々深刻化するなか、持続可能な物流環境の実現に向け、各方面の関係者と連携しながら、サプライチェーン全体の生産性向上に取り組む。