1. トップページ
    2. ニュースリリース

ニュースリリース

アサヒグループホールディングスのニュースリリース

ニュースリリース

2019年3月13日
アサヒグループホールディングス株式会社

アサヒ飲料株式会社の生産調整業務に人工知能(AI)を活用!
〜日本IBMと共同でAIを活用したSCM体制強化を図る〜

アサヒグループホールディングス株式会社(本社 東京、社長 小路明善)は、日本アイ・ビー・エム株式会社と共同で、人工知能(AI)を活用したSCM体制の強化に取り組みます。

飲料事業を手掛けるアサヒ飲料株式会社(本社 東京、社長 岸上克彦)において、2019年7月の本格稼働を目指し、AIを活用した生産調整業務のテスト運用をスタートしました。

お客様のニーズが多様化するなか、多種多様な中身及び容器の組み合わせが存在する清涼飲料業界は、季節や天候、トレンドの変化等に伴う需要変動が大きく、最適な生産計画及び在庫管理の推進が経営における大きな課題となっています。

アサヒ飲料は、日本IBMと共同で2週間程度先の生産計画に対して、AIが生産調整の助言を行う仕組みを構築しました。過去の業務文書や在庫実績、出荷数量等の膨大なシステムデータを基に独自のコーパスを作成し、AIに学習させることで、生産調整担当者が作成する計画へ最適な助言を行います。

※コーパス:生産調整に関する過去の膨大なデータを基に生産調整業務担当者が意思決定した記録。

<ご参考:AIを活用した生産調整業務プロセス>

AIを活用した生産調整業務プロセス

2018年9月に実施した実証実験では、従来の人による判断に比べ生産調整の精度が向上することが確認できました。その結果、長期在庫品の低減などにより2億円程度のコストダウンの可能性を見出すことができました。本年1月から、アサヒ飲料の全生産工場及び委託先工場を含む生産計画においてテスト運用を開始し、実業務での運用実績の蓄積を進めています。7月の本格稼働を目指し、さらなる精度向上を図ります。

事業活動におけるサステナブルな成長を維持・拡大していくうえで、適正在庫の管理を進めることは、食品ロスの削減に繋がるとともに環境負荷低減に向けた取り組みとして、重要な要素となっています。

今後は、これらの取り組みをグループ各社で展開するとともに、調達、生産、物流等の各SCM領域においてAIの活用を拡大することで、さらなる効率化の推進と最適生産体制の向上を図っていきます。