1. トップページ
    2. ニュースリリース

ニュースリリース

アサヒグループホールディングスのニュースリリース

ニュースリリース

2019年3月29日
公益財団法人アサヒグループ学術振興財団

公益財団法人アサヒグループ学術振興財団
2019年度学術研究助成対象決定のお知らせ
〜主として食・生活及び環境にかかわる科学と文化の研究を支援〜

公益財団法人アサヒグループ学術振興財団(所在地 東京都墨田区、代表理事 加賀美昇)は、2019年度の学術研究の助成対象を決定しました。

今回の助成対象となる研究活動を推進する個人またはグループは、2019年4月から2020年3月までに研究を実施・推進する研究活動として、「生活科学」「生活文化」「地球環境科学」「サスティナブル社会・経済学」の4部門から、選考委員会における厳正な審査の上、158件の応募の中から23件を選定しました。助成総額は1,840万円となります。これにより、1985年度から2019年度までの助成件数累計は652件、助成総額累計は約5億800万円となります。

公益財団法人アサヒグループ学術振興財団は、人と社会の未来を展望し、主として食、生活及び環境にかかわる科学と文化の研究の助成支援を行い、この分野における学術研究の発展と、国民の生活文化の向上に寄与してまいります。

【アサヒグループ学術振興財団 概要】

名称 公益財団法人アサヒグループ学術振興財団
代表理事 加賀美 昇
所在地 東京都墨田区吾妻橋1-23-1
設立 1984年11月16日[2012年4月1日 新制度移行]
目的 人と社会の未来を展望し、主として食、生活及び環境にかかわる科学と文化の研究の助成支援を行い、もってこの分野における学術研究の発展と、国民の生活文化の向上に寄与することを目的とする。
基本財産 5億円

■生活科学部門(応募件数51件、助成件数6件、助成金額600万円)

申請者 所属 役職 研究テーマ
小倉 正恒 国立循環器病研究センター研究所 脂質代謝研究室長 動脈硬化プラークの軽減に有用な脂肪酸とプロバイオティクスの組み合わせ
柴田 貴広 名古屋大学 准教授 炎症性腸疾患の予防効果を示す食品成分の探索研究
大利 徹 北海道大学大学院
工学研究院
教授 天然抗酸化剤〜エルゴチオネイン〜の高効率微生物生産
成川 真隆 東京大学 特任助教 酒粕成分摂取による老化依存的な味感受性低下の抑制効果の検討
増田 潤子 岡山大学 助教 がんの進行に伴う免疫細胞の変化に抗酸化物質の摂食が与える影響
矢中 規之 広島大学大学院 准教授 動物使用数の減少と痛み軽減を目指した新たな非侵襲性食品評価系の作製-腎炎モデルから慢性炎症性疾患-

■生活文化部門(応募件数35件、助成件数6件、助成金額450万円)

申請者 所属 役職 研究テーマ
大石 高典 東京外国語大学 講師 現代日本における獣肉食文化の文化人類学的研究
大森 圭貢 湘南医療大学 教授 箸食文化の生涯継続-老年期における箸食の再獲得の実現可能性
黒石 いずみ 青山学院大学 教授 郷土食の地域生活基盤としての仕組みと健康な生活文化の表象としての都市での可能性についての研究
五島 淑子 山口大学 教授 幕末における日英饗応料理からみる食文化の変遷
豊田 紘子 筑波大学 一貫制博士課程3年次 近現代期における日本産温州蜜柑の海外普及-日本の「不吉な果物」がカナダの「聖なる贈り物」になるまで-
長坂 康代 敬和学園大学 准教授 グローバル時代におけるベトナムの米食文化に関する都市人類学的研究

■地球環境科学部門(応募件数52件、助成件数6件、助成金額500万円)

申請者 所属 役職 研究テーマ
亀山 宗彦 北海道大学 准教授 雷放電が誘発する大気-海洋境界層における新しい窒素循環像
高橋 佑磨 千葉大学 助教 都市化による温度と光環境の変化がショウジョウバエに与える影響と対抗的適応進化
種子田 春彦 東京大学 助教 森林の物質循環の鍵となる樹木個体の衰退・枯死の要因を解明する
中澤 暦 福岡工業大学 研究員 大気中を長距離移動するマイクロプラスチックの観測方法と分析方法の確立およびその動態解明
宮本 裕美子 北海道大学 博士研究員 北極域における森林限界北上プロセスの解明 -生物間相互作用の影響-
安川 和孝 東京大学大学院工学系研究科エネルギー・資源フロンティアセンター 講師 多変量統計解析を用いた古第三紀「超温暖化」イベントの終息メカニズムの定量的検討

■サスティナブル社会・経済学部門(応募件数20件、助成件数5件、助成金額290万円)

申請者 所属 役職 研究テーマ
岡部 敏弘 芝浦工業大学 客員教授 循環型社会形成に向けたエコものづくりの取り組みについて
蕭 閎偉 大阪市立大学 講師 地域住民組織によるフードバンクの運営によるフードロス削減と貧困改善への効果に関する研究
冨樫 聡 国立研究開発法人
産業技術総合研究所
主任研究員 自治体環境行政に訴求するための全国地中熱基盤情報の整備
百村 帝彦 九州大学 准教授 持続可能な木材・木材製品の調達に向けた課題とその対応策の検討
蓮行 大阪大学大学院 特任研究員 演劇的手法を用いた環境教育プログラムの普及型モデルの再設計と社会的インパクト評価