1. トップページ
    2. ニュースリリース

ニュースリリース

アサヒグループホールディングスのニュースリリース

ニュースリリース

2019年10月7日
アサヒグループホールディングス株式会社

〜ニッカウヰスキー創業100周年に向けた取り組み〜
国産ウイスキーの生産設備増強に約65億円を投資し、
原酒製造・貯蔵能力を増強

アサヒビール株式会社(本社:東京、社長:塩澤賢一)は、需要が高まる国産ウイスキーを将来にわたって安定的に供給することを目的に、ウイスキー製造会社であるニッカウヰスキー株式会社(本社:東京、社長:岸本健利)の生産設備を増強します。2019年〜2021年にかけて、余市・宮城峡の両蒸溜所でウイスキー樽の貯蔵庫増設や原酒製造に関わる設備増強などを行い、生産効率の向上を図ります。設備投資金額は合計約65億円です。

原酒の貯蔵については、両蒸溜所で各1棟、合わせて2棟の貯蔵庫を新設し2021年までの稼働を予定しています。ニッカウヰスキー全体の原酒貯蔵能力は約2割増となる見込みです。

原酒の増産については、両蒸溜所で設備増強を行います。余市では、樽詰めタンク、出荷タンクなどを増設することでモルトウイスキーを増産します。宮城峡では、モルトウイスキーに加えて、グレーンウイスキーを増産するためにカフェスチルの蒸溜工程で一部自動化を行い、製造工程の効率化を図ります。2022年以降の原酒製造能力は2018年比で約120%、2015年比で約210%となる予定です。

嗜好の多様化により、国産ウイスキー市場は拡大を続けています。アサヒビールが販売する国産ウイスキーは、主力の「ブラックニッカ」ブランドが伸長し、2018年は前年比109%となりました。一方、市場の急拡大に伴う原酒不足により、「竹鶴」「余市」「宮城峡」を中心としたプレミアムウイスキーは2014年以降、出荷調整が続いています。

アサヒビールは、2015年〜2017年にかけて約60億円を投じて、ニッカウヰスキーの生産体制を強化してきました。2017年以降、2015年比で約180%の原酒増産を行っています。今回新たに約65億円の設備投資を行うことで、出荷調整をしている一部のプレミアムウイスキーや、伸長を続ける「ブラックニッカ」の生産増強を図ります。

ニッカウヰスキーは、“日本のウイスキーの父”と称される竹鶴政孝が1934年に創業して以来、独自の歴史と製法をもとにした高品質なウイスキーを製造してきました。また、世界的な酒類品評会である「ワールド・ウイスキー・アワード(WWA)」や「インターナショナル・スピリッツ・チャレンジ(ISC)」で数々の賞を受賞するなど、海外での評価も高まっています。

今回の設備投資を通じて、ニッカウヰスキー創業100周年となる2034年に向けた、国産ウイスキーの長期的な安定供給体制の構築を目指します。