1. トップページ
    2. ニュースリリース

ニュースリリース

アサヒグループホールディングスのニュースリリース

ニュースリリース

2019年10月23日
アサヒグループホールディングス株式会社

アサヒビール名古屋工場にPETボトル容器商品の製造ラインと物流倉庫を新設
最適生産物流体制の構築を目指し、2021年4月に稼働開始予定

アサヒグループホールディングス株式会社は、アサヒビール名古屋工場(愛知県名古屋市)にPETボトル容器商品の製造ラインと物流倉庫を新設します。2020年1月より着工し、2021年4月の稼働を予定しています。

PETボトル容器商品の製造ライン新設により、アサヒビール名古屋工場は、『カルピスウォーター』など年間約900万箱のPETボトル容器商品の製造が可能となります。また、ビール類や清涼飲料などを中部エリア向けに年間3,000万箱以上を出荷する物流拠点となります。設備投資金額は総額約120億円です。特定の地域に集中した生産物流体制の平準化や、トラック輸送距離の短縮による環境負荷低減の推進を目指します。

【PETボトル容器商品製造ラインの新設】

新設する製造ラインでは主に、アサヒ飲料の乳性飲料『カルピスウォーター』や炭酸飲料『三ツ矢サイダー』などのPETボトル容器商品を製造します。2020年8月より着工し、2021年4月の稼働を予定しています。調合設備、PETボトル内製設備と無菌充填設備、装製設備を導入するための設備投資金額は約50億円の見込みです。

【物流倉庫の新設】

新設する物流倉庫では、従来のビール類などに加え、名古屋工場で新たに製造するアサヒ飲料のPETボトル容器商品を保管します。2020年1月より着工し、2021年4月の稼働を予定しています。倉庫は、地上31m鉄骨造の自動倉庫で、建築面積約8,000u(延床面積約10,000u)です。設備投資金額は約70億円の見込みです。

現在のアサヒ飲料の生産物流体制は、関東地方に集中しています。世界的に関心が高まっている温室効果ガス対策や、長距離トラック輸送のドライバー不足に伴う物流インフラのひっ迫等に対して、環境にやさしく持続可能な生産物流体制の構築が課題でした。

このような課題を解消するために、アサヒビール名古屋工場でPETボトル容器商品の製造ライン新設、物流倉庫の新設に設備投資を実施します。

一連の設備投資によりアサヒ飲料では、一部エリアに集中していた製造能力バランスの是正や輸送ネットワークの効率化により最適な生産物流体制が構築される見込みです。さらに、これまでの製品輸送量の削減や輸送距離の短縮が図られることで、年間のCO2排出量は約3,400t削減できると試算しています。

アサヒビール名古屋工場は1973年の操業開始以来、ビール類などの酒類を製造する工場として稼働してきました。今回の設備投資によって、ビール類と清涼飲料の製造・物流拠点となります。アサヒグループ全体のさらなる最適生産物流体制の構築、『アサヒグループ環境ビジョン2050』に則った環境にやさしい事業活動の推進を目指します。

【工場概要】

名称 アサヒビール(株)名古屋工場
住所 愛知県名古屋市守山区西川原町318
創業 1973年
現在の
主な製造商品
『アサヒスーパードライ』『クリアアサヒ』を中心としたビール類など

※「アサヒグループ環境ビジョン2050」

アサヒグループホールディングスは、本年、『アサヒグループ環境ビジョン2050』を策定しました。ビジョンの一つに「アサヒカーボンゼロ」を掲げ、国内事業において2030年CO2排出量30%削減(2015年比)、2050年にCO2排出量ゼロ(カーボンニュートラル)を目指しています。