1. トップページ
    2. ニュースリリース

ニュースリリース

アサヒグループホールディングスのニュースリリース

ニュースリリース

2020年3月9日
アサヒグループホールディングス株式会社

―高度なAIの開発企業 Cogent Labs(コージェントラボ)とアサヒグループが共同―
最新トレンドを反映し優れたパッケージデザインを生成する
「AIクリエーターシステム」を共同開発
ディープラーニングの活用により斬新で魅力的なデザインを提案

アサヒグループホールディングス株式会社(本社 東京都墨田区、社長 小路明善)と株式会社Cogent Labs(本社 東京都港区、代表取締役 飯沼純、エリック・秀幸・ホワイトウェイ)は、最新のトレンドを反映し、これまでにない独創的なパッケージデザインを生成する「AIクリエーターシステム」を共同で開発しました。このシステムは、ディープラーニング を活用することで、AIが優れたデザインに共通する特長を独自に抽出し、人間では簡単に思いつかないようなアイデアを生み出すことが可能です。

飲料食品は、中味以外にも“見た目”が優れていることが購買を決定づけるケースがあります。商品の特長を端的に表現するだけでなく、持つことでその人の好みやスタイルを表現できるような魅力的なパッケージの商品を生み出すことで、お客様の購買意欲を刺激し、市場を活性化できると考え、今回AIを活用した本システムの開発に着手しました。

アサヒグループでは、2020年4月頃より「AIクリエーターシステム」の試験運用を開始します。

今回開発したAIクリエーターシステムは、インプットされた画像素材やコンセプトから、多数のデザイン案を作り出す「デザイン生成システム」と、生成されたデザイン案の良し悪しを判断して点数付けする「デザイン評価システム」の2つから構成されており、どちらにもディープラーニングを活用しています(下図)。

「AIクリエーターシステム」画像

「デザイン生成システム」は、世の中のトレンドを反映した、多様なデザインデータをインプットすることで、求めるコンセプトに応じたデザイン案を自動生成します。一方「デザイン評価システム」は、自動生成されたデザインを評価するシステムで、デザイン感度の高いモニターによるトレーニングを実施することで、AI自体が優れたデザインに共通する特長を抽出し、点数付けを実施します。

このように複数のディープラーニングモデルを組み合わせ、パッケージデザインを自動生成できるシステムは世界初で、これによりトレンドを反映し、かつ固定概念に捉われないデザインをAIが独自に多数提案することが可能になりました。

現在までに「デザイン生成システム」に約3,000枚のトレンドを反映した画像をインプットし、デザインに精通しているクリエーター約300名によって「デザイン判断システム」の初期学習を行った結果、独創的なデザインを生成することが可能になりました。

アサヒグループでは、商品パッケージのデザインに活用するため、本年4月を目途にシステムの試験運用を開始し、本システムから得られたデザインを既存の手法で作成したデザイン案の中に選択肢として追加したいと考えています。都度追加学習を実施することで、商品コンセプトに合致しつつ従来の殻を破るデザインを生成するシステムへ、さらに進化させていく予定です。

本システムを活用してデザインしたパッケージの商品を提供することで、お客様に新たな視点で商品を楽しんでいただくことはもちろん、売り場の活性化にもつなげられることを期待しています。また、商品開発の業務効率化にも寄与すると考えており、様々な観点から差別性・優位性を生み出すツールとして活用していきたいと考えています。

アサヒグループでは、2019年1月に新グループ理念「Asahi Group Philosophy」を制定し、ビジョンとして高付加価値ブランドを核として成長する“グローカルな価値創造企業”を目指すことを掲げ、独自価値の創造による将来の成長エンジン創出を目指しています。今回の取組みは、アサヒグループとして新たな独自価値を生み出す活動のひとつであり、本システムをさらに進化させながら、AIやVRをはじめとする最先端技術を活用した新たな取り組みにもチャレンジしていきます。

今後もアサヒグループは最新の技術を活用しながら様々なイノベーションを実現し、お客様の楽しい生活文化の創造に貢献してまいります。

※ディープラーニングとは
人間が自然に行うタスク(例:画像や音声の認識、様々な情報を踏まえた予測など)をコンピュータに学習させる機械学習の手法のひとつです。人間の神経組織の仕組みを模したシステムが基盤となっており、人が分類、認識、検知、記述などを行う能力、つまり「理解」や「判断」する能力をコンピュータに学習させます。

■株式会社Cogent Labsについて
クラウドからエッジまで、最先端でありながら、実用的なAIのサービス開発を行う東京を本社とする企業。AIによるイノベーションを目指す企業に加え、生産性の向上が課題である企業や熟練労働力の不足に直面している企業に、製品とサービスを提供する。世界20か国超から最高レベルのAI人材を採用し、従業員数は65名(2019年5 月末時点、契約社員および派遣社員含む)。手書き文字の読取りに高い識字率を誇るAI-OCRの「Tegaki」、自然言語を理解し非構造的な言語情報を言語依存せず構造化し解析できる「Kaidoku」や、時系列データをもとに将来を予測する「TSF」を実サービスとして提供すると共に、高度なカスタムAIの開発およびAIコンサルティングを行う。