1. トップページ
    2. ニュースリリース

ニュースリリース

アサヒグループホールディングスのニュースリリース

ニュースリリース

2020年10月5日
アサヒグループホールディングス株式会社

アサヒグループが管理する森林面積をさらに拡大
持続可能な水資源利用100%「ウォーターニュートラル」の95%まで進捗
庄原市比和財産区(広島県庄原市)と森林保全管理協定※1を締結

アサヒグループホールディングス株式会社(本社 東京、社長 小路明善)は、持続可能な水資源利用100%「ウォーターニュートラル」を実現する一環として、庄原市比和財産区(広島県庄原市)と森林保全管理協定※1を10月5日(月)に締結し、社有林「アサヒの森」(広島県庄原市・三次市)を管理する「アサヒの森環境保全事務所」(広島県庄原市)の森林管理面積をさらに拡大します。

本協定に基づいて「アサヒの森環境保全事務所」は比和財産区と比和財産区有林の一部294haを今後数十年にわたって間伐などの適切な森林管理を行っていきます。これにより現在2,172haであるアサヒグループが管理する森林管理面積は14%増の2,467haとなり、2025年に達成を目指す「ウォーターニュートラル」の95%まで進捗することとなりました。

アサヒグループでは持続可能な社会への貢献を目指し、「アサヒグループ環境ビジョン2050」を策定しています。2050年までに、事業活動における環境負荷ゼロ(ニュートラル)を目指すとともに、アサヒグループの独自技術や知見を生かした新たな環境価値創出(プラス)することで、事業成長とともに持続可能な社会の実現に取り組んでいます。

その中の4つのテーマ(重点施策)の1つとして「持続可能な資源利用100%を目指す(農産物原料、容器包装、水)」を掲げています。水資源については、工場での水使用量のさらなる削減を進めると同時に、「アサヒの森」を中心に水涵養能力を高めることなどで、2025年までに国内ビール工場で使用する水の100%還元「ウォーターニュートラル」の実現を目標としています。

国内ビール8工場の年間水使用量は、2019年末時点で1,160万m3であり、今後生産量を増やしながらも水使用量を削減し2025年を目途に1,130万m3にする目標としています。一方、今回2,467haに拡大した森林管理面積の水涵養能力は1,101万m3となりました。今後もさらなる水使用量削減や森林管理面積を拡大し持続可能な森林経営に取り組むことなどで、早期に「ウォーターニュートラル」を達成していく計画です。

■参考 アサヒグループの社有林「アサヒの森」について

  • ・「アサヒの森」は、広島県庄原市と三次市にアサヒグループが1941年から保有している森林で、持続可能な森林保全活動を続けています。
  • ・2001年に「FSCR森林認証」※2を日本で3番目に取得し、持続的でよりよい森林経営の実現にむけた取り組みを強化しました。
  • ・2011年に環境省によるオフセット・クレジット(J−VER)を取得しました。
  • ・2014年に「アサヒの森」の森林経営の取り組みが評価され、全国林業経営推奨行事において「林野庁長官賞」を受賞しました。
  • ・2016年に「アサヒの森」における多様なステークホルダーと協働した持続可能な林業の取り組みが高く評価され、第5回いきものにぎわい企業活動コンテスト行事において「農林水産大臣賞」を受賞しました。
  • ・2019年に広島県の「意欲と能力のある林業経営者」※3に登録されました。

※1)持続可能な水資源確保のため、相互に連携・協力して森林の水涵養機能の向上に努めながら、地域と共生する森林を目指し次代に引き継ぐための管理活動を行うものです。

※2)持続的でよりよい森林経営につなげるために、国際的な森林認証機関である『FSC(Forest Stewardship CouncilR:森林管理協議会) 認証』を2001年に取得しました。FSC認証は、「FSCの10原則」に基づき、適正に管理されている森林を認証するものです。

※3)森林経営管理法に基づく森林経営管理制度において、森林所有者が自ら経営管理を実行できない森林を市町が経営管理の委託を受け、市町は委託を受けた森林のうち、林業経営に適した森林の経営管理を「意欲と能力のある林業経営者」に再委託し、「意欲と能力のある林業経営者」が森林の経営管理を実施することができるものです。

【アサヒの森についてはコチラ】

https://www.asahigroup-holdings.com/csr/asahi_forest/summaly/index.html