1. ホーム
  2. プレスルーム
  3. 2022年4月7日

経済産業省「GXリーグ基本構想」に賛同
「アサヒカーボンゼロ」※の目標のもと、カーボンニュートラルの実現のため、
経済社会システム全体の変革に向けた議論に参画

2022年4月7日
アサヒグループホールディングス株式会社

アサヒグループホールディングス株式会社(本社 東京、社長 勝木敦志)は、経済産業省が公表した「GXリーグ基本構想」に賛同します。

「GX(グリーントランスフォーメーション)リーグ基本構想」とは、2050年のカーボンニュートラル実現に向けて挑戦する日本企業が、経済社会システム全体の変革と新たな市場の創造を牽引し、国際ビジネスで競争力を発揮できる環境の構築を目指すものです。基本構想をもとに設立される「GXリーグ」は、野心的な炭素削減目標を掲げる企業群が、排出量削減に向けた投資を行いつつ、目標の達成に向けた自主的な排出量の取引を行う枠組みとして2023年度に本格稼働する予定です。

アサヒグループでは、グループ理念“Asahi Group Philosophy”の行動指針の一つとして「事業を通じた持続可能な社会への貢献」を掲げています。また「アサヒグループ環境ビジョン2050」では、気候変動への対応としてCO2排出量削減の中長期目標「アサヒカーボンゼロ」を設定し、2050年までにCO2排出量をゼロとすることを目指しています。
 「アサヒカーボンゼロ」の達成に向けては、国内外の製造拠点における再生可能エネルギーの積極的な活用や、製造工程の見直し、物流の効率化などによる省エネルギーの推進にグループ全体で取り組んでいます。また、排水由来のバイオメタンガスを利用した燃料電池による発電システムやCO2分離回収試験装置を導入した実証試験などにも取り組み、研究開発も積極的に推進しています。

アサヒグループは「サステナビリティと経営の統合」を目指し、グローバルな推進体制の構築や目標設定によって、グループ全体でサステナビリティを推進しています。かけがえのない未来を元気にすることを目指し、未来への約束を「Cheer the Future」と設定しました。事業を通じた持続可能な社会への貢献を目指しています。

アサヒグループのCO2排出量削減の中長期目標で、2050年にScope1,2及びScope3にてCO2排出量ゼロを目指す取り組み。2030年目標はScope1,2でCO2排出量70%削減(2019年比)、Scope3 でCO2排出量30%削減(2019年比)。

■GXリーグ基本構想については、経済産業省のホームページをご確認ください。

<URL>https://www.meti.go.jp/policy/energy_environment/global_warming/GX-league/gx-league.html

<URL>https://gx-league.go.jp/

ニュースリリース一覧に戻る