2018年5月14日

氷点下の「三ツ矢サイダー」が楽しめる自販機を展開!

氷点下の「三ツ矢サイダー」が楽しめる氷点下自販機を展開(アサヒ飲料)

「三ツ矢グリーンスパークリングウォーター」が好調(アサヒ飲料)

5月に入り気温の高い日が増えてきました。アサヒ飲料では氷点下の「三ツ矢サイダー」が楽しめる自販機を展開しています。あわせて販売好調な「三ツ矢」ブランド新商品をご紹介します。

氷点下の「三ツ矢サイダー」が楽しめる氷点下自販機を展開(アサヒ飲料)

2018年4月下旬より順次展開

  • 氷点下の「三ツ矢サイダー」が楽しめる氷点下自販機を4月下旬より全国で展開します。展開から約1ヶ月の設置台数は約150台を予定しています。
  • 自販機メーカーの富士電機とアサヒ飲料・技術研究所が約5年かけて共同開発し、従来のコールドの温度帯(約5度)と氷点下の温度帯(マイナス5度)を1台の自動販売機で提供可能としました。
  • 「三ツ矢」ならではの炭酸の爽快感に極限までこだわった「三ツ矢サイダー」を、自販機を通してお楽しみいただくことで、これまでにない味わいと驚き、楽しさを感じていただけます。観光地や商業施設などを中心に氷点下自販機の設置を強化していきます。

<リリースはこちら↓>
https://www.asahiinryo.co.jp/company/newsrelease/2018/pick_0427_2.html

『氷点下の「三ツ矢サイダー」が楽しめる氷点下自販機』の画像

「三ツ矢グリーンスパークリングウォーター」好調(アサヒ飲料)

2018年4月3日(火)発売

  • 自然体のスタイルであっさりとライトな味を好む若い世代のニーズに対応した、軽やかな味わいの“微糖”炭酸飲料です。
  • 炭酸飲料市場における新たな提案として“微糖”に着目し、甘味とともに酸味を抑えることで、すっきりとした軽やかな味わいと、すがすがしいグリーン系のクールライムの香りで、いつでもさっぱりと飲める仕立てとています。
  • 広告販促活動でも、軽やかな音楽と「#微糖」「#超軽い」といったキーワードを使ったTVCMを発売前から放映し、若年層を中心に発売前認知率の向上を図りました。
  • 発売2週間の販売数量は800万本を突破し、年間販売目標の2割を超え好調に推移しています。

<リリースはこちら↓>
https://www.asahiinryo.co.jp/company/newsrelease/2018/pick_0201_2.html

『三ツ矢グリーンスパークリングウォーター』の画像

過去のPick Up記事一覧に戻る

最近のPick Up記事