2018年11月6日

「2019年 秋のワインイベント“ボージョレ・ヌーヴォ”を楽しもう!

小倉優子さんを“ボージョレ・ヌーヴォ・アンバザダー”に起用。小倉優子さん考案のワインに合う簡単オススメ料理と共に店頭で訴求します。

スーパープレミアムヌーヴォから、カジュアルに楽しむスタンダードレンジまで幅広いラインアップ!今年はロゼも人気に。

フランス・ボージョレ地区産の新酒であるボージョレ・ヌーヴォの今年の解禁日は11月15日(木)。今年の業界全体の輸入数量は約40万5千箱(前年比87% 1箱=750ml×12本に換算・出典:酒販ニュース)の見込みです。アサヒグループ(アサヒビール+エノテカ)の輸入予定数量は47,500箱(前年比93%)。高品質で幅広いラインアップから、市場全体の1割超がアサヒグループのボージョレ・ヌーヴォブランドとなる見込みです。本年もより多くのお客様に“旬の味”ボージョレ・ヌーヴォをお楽しみいただき、ワインファンの裾野を広げていきたいと考えています。

小倉優子さんを“ボージョレ・ヌーヴォ・アンバザダー”に起用。
小倉優子さん考案のワインに合う簡単オススメ料理と共に店頭で訴求。

2018年11月5日(月)〜2019年5月末までの期間限定発売

  • タレントの小倉優子さんを“ボージョレ・ヌーヴォ・アンバサダー”として起用します。小倉優子さん監修でボージョレ・ヌーヴォに合う、家庭で簡単にできる料理「笑顔になれる牛肉の和風ロースト」「幸せ焼きカプレーゼ」を提案し、ボージョレ・ヌーヴォの楽しみ方として店頭POPや当社のHP、SNS等で訴求します。ボージョレ・ヌーヴォ市場の活性化を目指し、主に20〜30代を中心としたトライアルユーザーの獲得を目的としています。

スーパープレミアムヌーヴォから、カジュアルに楽しむスタンダードレンジまで幅広いラインアップ!今年はロゼも人気に。

  • アンリ・フェッシ社は、本年で創業130年を迎える伝統あるワインメーカーです。創業以来一貫してボージョレ地方に根差し、中でも特に優れたクリュ・デュ・ボージョレに認定される10の村の内9つに自社畑を所有しており、クリュ・デュ・ボージョレのスペシャリストとして知られています。2015年以来、3年連続でボージョレ・ヌーヴォのコンクール「トロフィー・リヨン・ボージョレ・ヌーヴォ」で最高金賞・金賞を受賞するなどさらに評価が高まっています。お客様の嗜好の多様化に合わせた幅広いラインアップで、本年は1アイテムを新たに発売します。
  • スタンダードレンジは、いずれもフレッシュでフルーティ、香り高く果実味となめらかな口当たりが感じられるヌーヴォです。本年は、近年人気が高まっている<ロゼ>のラベルをローズラベルとして、より華やかで、写真映えするデザインを採用しました。<ロゼ>の輸入予定数量は昨年に比べて約1.5倍となっています。

『ボージョレ・ヌーヴォ2018』の画像

『ボージョレ・ヌーヴォ ロゼ・ローズラベル2018』の画像

  • 本年の新商品は日本限定、6,000本限定発売の「ボージョレ・ヴィラージュ・ヌーヴォ“マリオン”2018」です。フルーリー村にある、フルーリー村のアンリ・フェッシの自社畑のぶどうからできるワインはエレガントな味わいです。フルーリー村はクリュ・デュ・ボージョレの中でも“ボージョレの女王”と呼ばれています。この村で収穫した厳選ぶどうを使用して大切につくったワインを創業者アンリ・フェッシの娘の名前である“マリオン”と名付けました。この地の畑のそばで自生しているバラの花(ワイルドローズ)をラベルのモチーフにしています。ギフトボックス入りです。

<「ボージョレ・ヌーヴォ」リリース↓>
https://www.asahibeer.co.jp/news/2018/0703_3.html

『ボージョレ・ヴィラージュ・ヌーヴォ“マリオン”2018』の画像

過去のPick Up記事一覧に戻る

最近のPick Up記事