2020年10月21日

「りんご」を活用したお酒や飲料、さらにサステナブルな商品も紹介

『ニッカ シードルヌーヴォスパークリング2020』(アサヒビール)

「カルピスソーダ」贅沢ふじ(アサヒ飲料)

『お米とりんごの除菌ウエットティッシュ』(アサヒグループが技術協力・ファーメンステーション販売)

秋の味覚の一つである「りんご」。この時期、りんごを活用したお酒や飲料などが数多く発売されます。さらに今回は、シードル製造の際の副産物であるりんごの搾り残さを活用したサステナブル商品も紹介します。

『ニッカ シードルヌーヴォスパークリング2020』(アサヒビール)

2020年11月4日(水)から期間限定発売

  • 2020年に収穫した「国産つがるリンゴ」を使用して醸造した新酒のスパークリングワインです。糖類、香料は無添加で、やさしい甘さとフレッシュでさわやかな酸味が特長です。手軽にお楽しみいただけるようアルコール度数は2%に仕上げました。
  • 赤を基調とした華やかな色合いに深い緑とゴールドを組み合わせ、クリスマスなどスパークリングワイン需要が高まる“ハレ”の日にもお楽しみいただけるデザインです。
  • 「ニッカ シードル」は、朝日麦酒の支援により1954年に設立された朝日シードル(株)にその起源をもちます。その後、リンゴ加工に造詣の深かったニッカウヰスキー(株)に引き継がれ、今ではニッカウヰスキー(株)を代表するブランドの一つとなっています。「ニッカシードル」を製造しているニッカヰウスキー弘前工場は、2020年10月に操業60周年を迎えました。

<リリースはこちら↓>
https://www.asahibeer.co.jp/news/2020/1008_2.html

『ニッカ シードルヌーヴォスパークリング2020』画像

「カルピスソーダ」贅沢ふじ(アサヒ飲料)

2020年11月10日(火)から2021年1月下旬までの期間限定発売

  • りんごの中でも蜜が多く、甘い味わいが特長である「ふじ」の完熟果汁のみを使用しており、「カルピスソーダ」のやわらかな刺激とこだわり果汁の贅沢な味わいをお楽しみいただけます。
  • パッケージは、りんご果実を中央に大きく配することで、厳選した果実がとけあうおいしさを表現しています。赤色×金色の色使いで贅沢さを演出しながら、年末シーズンを彩る華やかなデザインに仕上げています。
  • 「カルピスソーダ」贅沢シリーズは、厳選したこだわりの果汁を贅沢に使用した、忙しい日常から離れてリラックスしたい気分の時に楽しめる乳性炭酸飲料です。

<リリースはこちら↓>
https://www.asahiinryo.co.jp/company/newsrelease/2020/pick_1014.html

「カルピスソーダ」贅沢ふじ画像

『お米とりんごの除菌ウエットティッシュ』(アサヒグループが技術協力・ファーメンステーション販売)

2020年10月14日(水)発売

  • アサヒグループとJR東日本グループが、りんごのお酒「シードル」の醸造工程から発生する副産物である「りんごの搾り残さ」をファーメンステーションに提供し、ファーメンステーションがそれを原料として発酵・蒸留し「りんごエタノール」を精製しました。
  • アサヒグループが、りんごエタノール発酵プロセスの改良に技術協力し、効率的なエタノール精製プロセスが完成しました。
  • 醸造副産物のようにこれまで十分に活用されていなかった未利用資源から新たな価値を有する素材や製品を生み出す取り組みとして、ファーメンステーションが「りんごエタノール」を配合した『お米とりんごの除菌ウエットティッシュ』を発売します。

<リリースはこちら↓>
https://www.asahigroup-holdings.com/news/2020/1014.html

『お米とりんごの除菌ウエットティッシュ』画像

過去のPick Up記事一覧に戻る

最近のPick Up記事