2021年4月16日

好きな時間に、好きなことをしながら。『アサヒ ビアリー』登場。

一人ひとりが自分の体質や気分に合わせて適切なお酒やノンアルコールドリンクをスマートに選択できる社会をつくりたい。そんな想いのもと、新しい時代の新しいお酒の楽しみ方として「スマートドリンキング」を提唱するアサヒビールは、アルコール度数0.5%の“微アルコール”ビールテイスト飲料『アサヒ ビアリー』を、3月30日に首都圏・関信越エリアの1都9県で先行発売しました(6月29日から全国にて発売予定)。
 今回は、『アサヒ ビアリー』の美味しさの秘密と楽しみ方をご紹介します。お酒の楽しみ方の一つとして、取り入れてみてはいかがでしょうか。

ブランドサイトはこちらから

『アサヒ ビアリー』

『アサヒ ビアリー』の美味しさの秘密。脱アルコール製法とは?

お客様に新たな選択肢を提案するため、アサヒビールはアルコールが微かに含まれるアルコール分1%未満の“微アルコール”というカテゴリーを新たに創出し、商品を展開していきます。その第一弾として開発された『アサヒ ビアリー』は、アルコール度数0.5%で、ビールのようなうまさを楽しめてちょっと心地いい、自分時間を大切にしたい人たちへオススメの商品です。
 この商品は、「今までにない圧倒的にうまいローアルコール・ノンアルコールのビールテイスト飲料を創る!」という熱い想いで、約3年半に渡る開発がスタートしました。ポイントは、「ビールのような本格的な味わい」を実現するために採用した「脱アルコール製法」です。脱アルコール製法とは、ホップなど100%ビール由来の原料を使用して香り豊かでコク深いビールを醸造した後、ビール特有の「発酵由来の複雑な香気成分」を残しつつ、「アルコールだけを抜き取る」蒸溜技術です。この脱アルコール工程で、ビールらしい香味を残したままアルコールを除去するために、温度・圧力を変更しながら蒸溜試験を重ね、約100回の試験製造を経て完成しました。

脱アルコール製法

こだわりは製法だけではありません。パッケージは黒ベースに金色のホップ、そして発泡インクによるマットな質感で仕上げました。ビールのようなうまみやコク、そして上質なリラックス感を感じていただけるようにとの思いが込められています。さらに中心部の“微アルコール”の金のアイコンで、新しいカテゴリーであることもお伝えしています。

『アサヒ ビアリー』パッケージ

どんなシーンにも寄り添える。それが微アルの『アサヒ ビアリー』

『そんなアサヒ ビアリー』」が提案するのは、「好きな時間に、好きなことをしながら飲む」こと。新しい生活様式の中で、アルコールとの付き合い方も多様化しています。皆さんの中にも、「自分のペースでゆっくりとお酒を楽しみたい」「シーンに合わせて自分にとって適切な飲み物を選ぶことで生活を豊かにしたい」と考える方も多いのではないでしょうか。
例えば、料理やゲーム、SNS、読書、映画、散歩、旅行など。皆さんが過ごす心地よい時間に、“微アルコール”を楽しむ。

どんなシーンにも寄り添える。それが微アルの『アサヒ ビアリー』

アサヒビールは、“微アルコール”という新しいカテゴリー創出によって、様々なシーンにおける“飲み方”の選択肢を広げることで、お酒の飲み方の多様性を実現します。

過去のPick Up記事一覧に戻る

最近のPick Up記事