サステナビリティ・ガバナンス

アサヒグループではサステナビリティの推進を重要な経営課題と捉えており、アサヒグループホールディングス(株)のGroup CEOが委員長となる「グローバルサステナビリティ委員会」を設置して、サステナビリティ推進を包含したコーポレートガバナンス体制を構築しています。
「グローバルサステナビリティ委員会」で決定した内容は、「サステナビリティ実行会議」「サステナビリティタスクフォース」を通じてグループ全体の戦略として落とし込まれる仕組みになっており、グループ一体となってサステナビリティを推進する体制を組んでいます。

取締役会
サステナビリティ委員会
Executive Committee
Corporate Management Board
グローバル
サステナビリティ委員会
サステナビリティ実行会議
サステナビリティタスク
フォース
  • アサヒグループホールディングス(株)が2024年4月1日に執行体制を刷新したことに伴い、従来の「経営戦略会議」に代わり、
    「Executive Committee」 と「Corporate Management Board」を新たに設置しました。
組織体 役割 構成 開催頻度
サステナビリティ委員会
  • 専門的な見地から、サステナビリティと経営の統合のさらなる推進、サステナビリティに関する重要なテーマについて取締役会に提言
委員長:
アサヒグループホールディングス(株) Group CEO

委員:

  • アサヒグループホールディングス(株) 社内取締役1名
  • アサヒグループホールディングス(株) 社外取締役2名
グローバルサステナビリティ
委員会
  • グループのサステナビリティ方針の策定
  • サステナビリティ戦略の決定
  • サステナビリティに関する投資判断
委員長:
アサヒグループホールディングス(株)Group CEO

委員:

  • アサヒグループホールディングス(株) 社内取締役2名
  • アサヒグループホールディングス(株) Group CSO、Group-CR&DO
  • Asahi Global Procurement Pte. Ltd. CEO
  • Regional Headquarters CEO、サステナビリティ担当役員
年1回
サステナビリティ実行会議 グローバルサステナビリティ委員会で決定された戦略の、Regional Headquarters(地域統括会社)・事業会社への落とし込みの具体化 議長:
アサヒグループホールディングス(株)
Sustainability部門長

メンバー:

  • Regional Headquarters サステナビリティ担当役員・関係部署部門長
年2回
サステナビリティタスクフォース(各マテリアリティ) サステナビリティの各マテリアリティの具体的検討および推進 リーダー:
アサヒグループホールディングス(株) Sustainability部門・関連機能部門各マテリアリティ担当者

メンバー:

  • アサヒグループホールディングス(株) 各マテリアリティ担当者、関係部署担当者
  • Regional Headquarters 各マテリアリティ担当者
適宜設定