1. ホーム
  2. サステナビリティ
  3. アサヒグループのサステナビリティ
  4. サステナビリティ・ガバナンス

サステナビリティ・ガバナンス

アサヒグループではサステナビリティの推進を重要な経営課題と捉えており、アサヒグループホールディングス(株)のCEOが委員長となる「グローバルサステナビリティ委員会」を設置して、サステナビリティ推進を包含したコーポレートガバナンス体制を敷いています。
「グローバルサステナビリティ委員会」で決定した内容は、「サステナビリティ実行会議」「サステナビリティタスクフォース」を通じてグループ全体の戦略として落とし込まれる仕組みになっており、グループ一体となってサステナビリティを推進する体制を組んでいます。

マネジメント体制

マネジメント体制

組織体 役割 構成 開催頻度
グローバル
サステナビリティ
委員会
  • グループのサステナビリティ方針の策定
  • サステナビリティ戦略の決定
  • サステナビリティに関する投資判断
委員長:
アサヒグループホールディングス(株) CEO
委員:
  • アサヒグループホールディングス(株) サステナビリティ担当役員・関係部署部門長
  • Regional Headquarters CEO、サステナビリティ担当役員
年1回
サステナビリティ実行会議 グローバルサステナビリティ委員会で決定された戦略の、Regional Headquarters(地域統括会社)・事業会社への落とし込みの具体化 議長:
アサヒグループホールディングス(株) サステナビリティ部門長
メンバー:
  • Regional Headquarters サステナビリティ担当役員・関係部署部門長
年2回
(半期ごと)
サステナビリティタスクフォース(各マテリアリティ) サステナビリティの各マテリアリティの具体的検討および推進 リーダー:
アサヒグループホールディングス(株) サステナビリティ部門・関連機能部門各マテリアリティ担当者
メンバー:
  • アサヒグループホールディングス(株) 各マテリアリティ担当者、関係部署担当者
  • Regional Headquarters 各マテリアリティ担当者
適宜設定