1. トップページ
    2. 企業情報
    3. 研究活動
    4. ハピ研
    5. 毎週アンケート

毎週アンケート|生活の中のちょっとしたことや、旬な話題をタイムリーに調査!

第677回 今年の「父の日」はどうする?

今年の「父の日」はどうする?

「新年度」「ゴールデンウィーク」「母の日」と続いたお祭り気分も一段落つき、しばらくは何もないと思っている人が案外多いのでは? あれ、何か忘れていませんか? そうです、「父の日」(6月17日)です。「母の日」と比べるとどうも肩身が狭いのですが、世のお父さんたちだって家族のために日々頑張って働いています。日ごろはなかなか面と向かって伝えられない感謝の気持ちを、ぜひこの機会に伝えてみてはいかがでしょうか。そこで今回の毎週アンケートは「父の日」をテーマに、皆さんの今年のギフト選びのポイントや、理想の父親像などについて聞きました。

調査概要

  • 調査対象:全国の20歳以上の男女
  • 有効回答数:1,168人
  • 調査方法:インターネット調査
  • 調査期間:2018年5月16日〜5月22日

4割以上が「父の日を祝う」、例年より贈答意向が高くギフト市場の活況に期待!

「父の日」に何か贈る?

SA(単回答)

まず、今年の父の日に「何かプレゼントを贈る」という人はどの位いるのでしょうか。「自分の父にレコードプレイヤーをプレゼントする」(女性40代、東京都)など、「既にプレゼントを決めている」と回答した人は15.5%。まだ何を贈るかは定かではないものの、「何かプレゼントを贈る予定」という声も27.9%を占め、全体の4割以上の人びとが「ギフト贈答派」。さらに「一緒に日帰り温泉と食事に行く」(女性40代、愛知県)など、「ものではないもの贈る予定」という声も3.4%を数え、全体の46.8%の人びとが「父の日に何らかの祝いをする」ことが明らかとなりました。過去同時期に実施した「父の日ギフト」調査と比較してみると、「父の日にお祝いする」(2018年=46.8%、2017年=37.3%、2016年=39.2%、2015年=40.5%)という声は、例年よりも非常に高い数値を示しました。日経平均が2万3,000円台に回復するなど、景気の上向きがギフト市場に少なからず影響を与えているのかもしれません。いつもは「母の日」の影で忘れられがちな「父の日」ですが、今年は例年にない盛り上がりが期待できるかもしれません。


ちなみに今年4月に実施した「母の日」調査との比較によれば、「母の日をお祝いしたい」(全体=55.6%、男性=48.2%、女性=64.3%)という声は、「父の日をお祝いしたい」(全体=46.8%、男性=34.3%、女性=59.2%)という声よりも8.8%高く。特に男性は「母の日をお祝いしたい」が「父の日をお祝いしたい」を13.9%も上回る結果となりました。自由回答の中には「子どもの時から父の日に何かするという習慣がない」(男性50代、東京都)など、そもそも家族行事として認識されていないというご家庭もありました。さらに性別間において、母と娘は「友達」に近い関係である一方、父と息子の関係は「ライバル」に例えられることも少なくなく、男性同士のギフトのやり取りはそう簡単でないことがうかがえます。

性別:「母の日」と「父の日」贈答意向の比較

SA(単回答)

夫婦両方の父親のほか、最近では「妻から夫へギフトを贈る」という声も

誰にプレゼントする?

1 自分の父 76.5%
2 義理の父 36.9%
3
(女性のみ回答)
22.8%
4 自分
(男性のみ回答)
4.1%
5 祖父 0.7%
5 知人男性 0.7%

MA(複数回答)/n=540人
(「父の日を祝う」と回答した人)

4割以上の人びとが「父の日をお祝いする」ことが判りましたが、では皆さんは誰をお祝いするのでしょうか。最も回答が多かったのは「自分の父」(76.5%)でした。「父の好きなにごり酒とうなぎ蒲焼を買う」(女性50代、岐阜県)など、自分の父親の嗜好等を考えながら贈るという声。さらに「義父はスポーツが大好きなので、ゴルフ用品、靴下、シューズ、ポロシャツなど、大体その関連のものを贈っている」(女性50代、沖縄県)など、2位にも「義理の父」(36.9%)が挙げられ、既婚者の場合は、夫婦両方の父親にギフトを贈るケースが多いようです。


父親に続いて回答が目立ったのは「夫(女性のみ回答)」(22.8%)。「夫へは子ども達からも少し出してもらい、希望を聞いて探しに行く」(女性40代、千葉県)など、父親のほか、子どもと共同で夫にギフトを贈り、日ごろの勤労を労うという女性も少なくありませんでした。ちなみに今年の「母の日」調査によれば、夫から「妻(男性回答のみ)」にギフトを贈るという声は8.8%に留まり、妻から夫へ贈る「父の日ギフト」が14.0%も上回りました。一般的に「父の日」は「母の日」よりも盛り上がりにやや欠ける傾向にありますが、夫婦間のギフトのやり取りにおいては「父の日」に軍配が挙がりました。

父の日ギフトの目安は「5,000円未満」、母の日よりやや高めの設定

一人当たりのギフト予算はいかがでしょうか。「予算は3,000円。父と義父は日本酒を選ぶつもり」(女性30代、愛知県)など、「3,000〜5,000円未満」と回答した人が最も多く41.8%。さらに「予算は1,000円強で、夫のリクエストで高い肉を買う」(女性40代、鹿児島県)など、「1,000〜3,000円未満」(22.7%)、「1,000円未満」(3.4%)が続き、全体の7割近くの人びとが「5,000円未満」の予算を目安にしていることが明らかとなりました。夫婦の父親両方へ贈答する場合、一家庭で約1万円程度の出費が見込まれることがうかがえます。

一人当たりのギフトの予算は?

SA(単回答)/n=533人


今年4月に調査を実施した「母の日ギフト」と、今回の「父の日ギフト」の予算を比較してみましょう。最も回答が多かった「3,000〜5,000円未満」(母の日=41.9%、父の日=41.8%)という声は男女共にほぼ変わらない数値でしたが、「3,000円未満」(母の日=28.0%、父の日=26.1%)の価格帯では「母の日」がややリード。一方で「5,000〜10,000円未満」(母の日=19.3%、父の日=20.8%)、「10,000円以上」(母の日=8.6%、父の日=10.5%)という声は「父の日」がリードし、「父の日ギフト」の予算が「母の日」よりもやや高めに設定されていることがうかがえます。また一方で、自由回答の中には「注意するのは、母の日の贈り物との金額や内容のバランス」(女性40代、秋田県)など、母の日ギフトの予算と金額をそろえ、不公平感が出ないようにギフト選びをするという声も寄せられました。

「母の日」と「父の日」のギフト予算の比較

SA(単回答)

父の日ギフトの定番は「お酒」、中には「ケーキ・お菓子」が大好きな甘党パパも

では今年の「父の日」、皆さんはどんなギフトを贈ろうと計画しているのでしょうか。堂々のトップは「お酒類(ビール、焼酎、ウイスキーなど)」(52.1%)でした。「ビールが大好きな夫。どんな時でもプレゼントにビールを贈れば必ず喜ぶ」(女性20代、埼玉県)など、夏場に需用が増すビールギフトが一番という声。さらに「父の故郷の熊本の特産品と焼酎を送ろうと思っている」(女性50代、熊本県)など、焼酎や日本酒等の地酒という声も多く、お酒ギフトに高い支持が寄せられました。「母の日=カーネーション」ならば、父の日は「お酒」が定番といえるでしょう。

今年の「父の日」に贈りたいものは?

1 お酒類(ビール、焼酎、ウイスキーなど) 52.1%
2 衣服類(ジャケット、シャツ、靴下など) 23.2%
3 甘いもの(ケーキ、和菓子など) 13.5%
4 ファッション小物類(ネクタイ、ベルト、財布など) 12.7%
5 居酒屋やレストランなどで一緒に外食 8.6%
6 旅行(温泉) 7.9%
7 手づくりのご馳走(手料理・ホームパーティー) 7.1%
8 靴・バッグ 4.9%
9 ギフト券 4.1%
10 趣味の道具(釣り、ゴルフ、カー用品など) 3.7%

MA(複数回答)/n=535人


酒を好む「辛党」のお父さんが目立った一方で、3位には「甘いもの(ケーキ、和菓子など)」(13.5%)がランクイン。「菓子折り。いつも、父が好きな物を選んでいる」(女性40代、福岡県)など、意外にも甘党のお父さんも多く、クリスマスや誕生日と同じくケーキや菓子で祝うという人もいました。中には甘いお菓子をつまみながら、晩酌を楽しむ「甘辛党」のお父さんもきっといるのではないでしょうか。


次に2位は「衣服類(ジャケット、シャツ、靴下など)」(23.2%)。「身なりをかまわない年齢なので、少しはこぎれいにしてもらいたい。年寄くさくない爽やかな印象のシャツを」(女性60代、神奈川県)など、もう少しオシャレをして欲しいという気持ちを込めて、衣類を贈りたいという声。さらに「今年は夏向きのシャツを贈る予定」(男性40代、滋賀県)など、本格的な夏を控えて、今シーズンに着られるファッションを選びたいという人もいました。同じく4位に「ファッション小物類(ネクタイ、ベルト、財布など)」(12.7%)、8位にも「靴・バッグ」(4.9%)が挙げられ、「お酒」と共に「ファッションギフト」にも高い人気が寄せられました。

父の日を祝う「外食・ホームパーティ」は、家族団らんの絶好のタイミング

形あるギフト以外で目立ったのは、5位「居酒屋やレストランなどで一緒に外食」(8.6%)。「父に直接会って、ちょっと豪勢な食事をする」(男性40代、茨城県)など、久々に親子水入らずで、美味しい食事とお酒でリッチな時間を過ごしたいという声。さらに「父の好きな料理でおもてなしする」(女性30代、千葉県)など、6位にも「手づくりのご馳走(手料理・ホームパーティー)」(7.1%)が挙げられ、いつもよりも気合いの入った手料理を囲み、家族団らんを楽しみたいという人もいました。子どもが大きくなり、独立したり、結婚したりすると、なかなか家族で過ごす時間が取れなくなりますが、「母の日」や「父の日」は比較的に家族が集結しやすく、家族団らんの絶好のタイミングと言えそうです。


そのほか、「父が旅行好きだから、10万円の旅行券を贈る」(女性60代、東京都)など、6位に「旅行(温泉)」(7.9%)、9位に「ギフト券」(4.1%)が続きました。自由回答の中には「母の日と合わせて旅行を」(女性30代、千葉県)など、「母の日」と予算を合わせて、両親に旅行を贈るという人もいました。さらにちょっとした心遣いですが、「姉と2人で財布を贈る。また感謝の気持ちを込めて、手紙を書いて喜んでもらおうと思う」(女性20代、滋賀県)など、ランキング圏外ながら「手紙・メッセージカード」(3.2%)という声も寄せられました。心のこもったプレゼントというのは、なかなか難しいものですが、ひと言でもメッセージを添えるだけで随分と印象が変わるもの。きっと世のお父さん達も喜んでくれることでしょう。

「尊敬」「家族想い」「包容力」など、「父親は家族を守る強い存在」であって欲しい

ここまで父の日ギフトについて聞いてきましたが、ここからは「理想の父親像」について見ていきましょう。さて、皆さんが憧れる理想の父親の条件とは何でしょうか。最も回答が多かったのは「家族から尊敬される」(46.8%)でした。「自然と尊敬されるお父さんが理想」(男性40代、奈良県)など、自分都合や独りよがりではなく、日ごろの行動や言動、仕事や家族・子どもに対して真摯に向き合い、「お父さんって、すごい」と家族から自然と慕われるのが理想という声。さらに「家族のことを一番に思ってくれること、また他人にも優しく常識人であること」(男性60代、愛知県)など、2位に「家族想いで優しい」(41.1%)、3位にも「包容力がある」(35.9%)、4位にも「イザという時に頼りになる」(29.1%)が挙げられ、家族ファーストで「父親=家族を守る強い存在」であって欲しいという声が多数寄せられました。一方で自由回答の中には「一番の理想は、イザという時頼りになる父。ウチの父親はあまり頼りになりません。母の方が頼りになる」(女性30代、神奈川件)、「全く尊敬されていないな……、主導権は妻」(男性60代、千葉県)など、最近では家族を支えるのは「お父さん」より「お母さん」というご家庭も少なくないようです。

理想のお父さん像とは?

1 家族から尊敬される 46.8%
2 家族想いで優しい 41.1%
3 包容力がある 35.9%
4 イザという時に頼りになる 29.1%
5 仕事をバリバリしている 28.1%
6 頭が良い・知識が豊富 21.8%
7 ユーモアがある 19.4%
8 良き相談相手 17.8%
9 真面目 17.5%
10 子ども好きでよく遊ぶ 16.1%

MA(複数回答)/n=855人


「家族を支え、家族を守る心優しきお父さん」という声のほか、「義理の父は現役時代に仕事をバリバリ行い、一代で財産を作り上げた」(女性50代、沖縄県)など、5位には「仕事をバリバリしている」(28.1%)がランクイン。高度経済成長期と異なり、仕事ばかりで家庭を顧みないお父さんは、現代においては減点対象。とはいえ、家族の安定的な暮らしを考えれば、働かないお父さんよりは、よく働くお父さんの方が家族も安心です。自由回答の中にも「私の父は仕事が忙しく、(小さい頃に)あまり遊んでもらった記憶はありませんが、それ以外は理想の父親像に近い」(女性20代、宮崎県)など、「ワーク・ライフ・バランス」が望ましいものの、一生懸命に働く親の姿を頼もしく感じている子どもも少なくありませんでした。

家族が困っているとき、「正しい道」に導いてくれる「知性あふれる父親」

続いて、6位は「頭が良い・知識が豊富」(21.8%)。「穏やかで、話すと知識が豊富で深いことをさりげなく言ってくれる」(女性50代、新潟県)など、まるで池上彰さんのように家族や子どもの聞くことに対して、分かりやすく丁寧に答えてくれる「知性あふれる父親」を求める声。さらに「困ったときに相談できる人であってほしい。また自分もそうでありたい」(男性40代、大阪府)など、8位にも「良き相談相手」(17.8%)が挙げられ、家族・子どもの話に耳を傾けてくれる「聞き上手」であり、かつ家族を「正しい方向」に導く「道標」のような役割を期待されていることがうかがえます。以下、「まじめだけどユーモアがあり家族を大切にする」(女性50代、大阪府)など、「ユーモアがある」(19.4%)、「真面目」(17.5%)が続きました。


また見逃せないのは、年齢を重ねて「父親の意外な一面が見えてきた」という声です。 「自分の父は寡黙であまり話さない人でしたが、孫ができたら大きく変わった」(女性40代、千葉県)、「自分が子どものころは仕事で忙しい父に対してそう思いませんでしたが、孫(私の息子)ができて、父にこんな一面があるのだと思うほど、子ども好きだったことが分かった」(女性20代、埼玉県)など、孫の誕生や、現役引退をきっかけに「父親の性格が丸くなった」「優しくなった」という声も寄せられました。現役時代は忙しく、「我が子に十分にしてあげられなかった」という反省から、孫との時間を大事にしているお父さんが案外多いのかもしれません。

理想の父親は「所ジョージさん」、「ライフ・ワーク・バランス」を実践するお手本

理想の父親に近い著名人は?

1 所ジョージさん 9.7%
2 イチローさん 4.2%
2 タモリさん 4.2%
2 高橋英樹さん 4.2%
5 ヒロミさん 3.0%
6 三浦友和さん 2.7%
7 明石家さんまさん 2.2%
7 つるの剛士さん 2.2%
9 加山雄三さん 2.0%
9 関根勤さん 2.0%

SA(単回答)

「理想の父親像」の条件を見てきましたが、では皆さんが考える理想に最も近い「著名人(タレント、文化人、スポーツ選手など)」とは、一体誰でしょうか。堂々の人気ナンバーワンは「所ジョージさん」(9.7%)でした。「家族を大切にしていそう」(女性30代、千葉県)、「テレビでも奥さんの事をよくお話しされているから」(女性60代、神奈川県)など、テレビ番組を通じて愛妻家、子煩悩な一面が垣間見られるという声。さらに「趣味を極め、面白さもありながら、仕事もバリバリしているところ」(女性30代、東京都)など、仕事とプライベートを両立している点に好感が持てるという人が目立ちました。まさに「ライフ・ワーク・バランス」を実践するお手本と言えそうです。


所ジョージさんと同じく、バラエティ系タレント・芸人で目立ったのは2位「タモリさん」(4.2%)。「多趣味で博識、話が上手で、ユーモアがあるところが理想」(女性30代、東京都)など、知性にあふれ、いろいろな相談にのってくれそうな包容力を感じるという声。さらに「リフォームが得意で頼りになるし、普段は優しく、叱る時はちゃんと叱ってくれそう」(女性30代、福島県)など、5位に「ヒロミさん」(3.0%)、7位に「明石家さんまさん」(2.2%)、9位にも「関根勤さん」(2.0%)が続きました。家族や子どもを大事にする大物芸人がランキング上位を占め、頑固一徹の昭和の父親というよりも、ユーモアと柔軟性に富んだ父親を支持する人が目立ちました。

背中で語るイチロー選手、ハンサムで家族想いの高橋英樹さん、三浦友和さん

バラエティ系のタレント以外では、2位に「イチロー選手」(4.2%)。「強い信念を持ち、自分の夢を貫く人間の大きさ」(女性50代、愛媛県)など、寡黙ながら、そのプレースタイルや実績から学ぶべき部分が多く、「背中で語る父親像」の筆頭と言えます。イチロー選手以外のスポーツ選手では、16位に「中畑清さん」(1.2%)、18位に「王貞治さん」(1.0%)らが挙げられました。


タモリさん、イチロー選手と同じく2位に「高橋英樹さん」(4.2%)もランクイン。「文句なしに格好良く、人柄も素晴らしい。お嬢さんも明るく可愛らしい方で、父親としてしっかり導いてこられたのだと思う」(女性40代、秋田県)など、芸能界きっての仲良し家族に好感を寄せる声。さらに「子どもを大事にして、微笑ましい家庭を築いてくれそうなイメージだから」(男性30代、山梨県)など、6位に「三浦友和さん」(2.7%)、9位にも「加山雄三さん」(2.0%)が続きました。「ハンサムで家族想い」なら申し分なし、ちょっとやそっとの男性では太刀打ちできそうにありません。


今回は「父の日」を来月に控え、今年のギフトの計画や理想の父親像について、皆さんのご意見を聞いてきました。今年の父の日に「何らかのお祝いをする」と回答した人は46.8%。今年の「母の日ギフト」調査と比べると8.8%も減少し、父の日があまり重視されていないことがうかがえます。とはいえ、今年の父の日は例年とはやや異なります。過去同時期に実施した「父の日ギフト」調査と比較してみると、「父の日にお祝いする」(2018年=46.8%、2017年=37.3%、2016年=39.2%、2015年=40.5%)という声は、ここ数年の中で最も高い数値を示しました。こうした背景は定かではありませんが、日経平均が2万3,000円台に回復するなど、上向く景気も少なからずギフト市場に影響を与えているのかもしれません。いつもは母の日の影で忘れられがちな「父の日」ですが、今年は例年にない盛り上がりが期待できそうです。


父の日は6月17日(日)、きっと家族からの労いを待っているお父さんも多いはず。今年は忘れずに贈って上げて下さいね。



アンケート募集:「家飲みは好きですか?」

家飲みは好きですか?

夏場はビアガーデンや花火大会、BBQなど、外で仲間と一緒にわいわいとお酒を飲むのが楽しいですね。そんな「外飲み」「野外飲み」が似合うシーズンですが、皆さんのご家庭における「家飲み」の頻度はいかがでしょうか。自宅での晩酌では、誰と一緒にどんなシーンで飲むことが多いですか? 外飲みでは同僚や友達とわいわいやるのが最高ですが、家飲みの魅力とは一体何でしょうか。今回は「家飲み」をテーマに、皆さんのご自宅でのお酒との付き合い方を教えてください。

アンケートに答える

実施中のアンケート謝礼の申し込み締切は6/27(水)10時となります。

『お楽しみ商品詰め合わせ』をプレゼント アンケート謝礼

「毎週アンケート」ではアンケートのご協力頂いた皆様へ、アンケート謝礼をご用意させていただいております。1回のアンケートご協力を一口として、締切の後にその期間の総口数を対象に抽選を行い謝礼品をお送り致しております。

抽選で30名様
アサヒスーパードライ
缶350ml×1ケース(24本)

賞品写真

【 抽選・当選発表 】
厳正な抽選の上、賞品の発送をもって、発表にかえさせていただきます。
賞品発送は2018年7月中旬頃を予定しております。
※都合により賞品の発送が多少遅れる場合もございますので、あらかじめご了承願います。
※ご当選者の住所、転居先不明・長期滞在などにより賞品をお届けできない場合には、当選を無効とさせていただきます。
※賞品発送以前に「アサヒWebサービス」を退会された場合、ご当選の権利は無効となります。予めご了承ください。

【 アンケート参加について 】
アンケートへのご参加は「アサヒWebサービス」を使用して受付いたしております。
「アンケートに答える」のボタンをクリックされますと、まずメールアドレスの入力欄になります。
すでに「アサヒWebサービス」をご利用になられているお客様は、メールアドレス入力後にパスワードを入力するだけでお客様の情報が入力済みのページが表示されます。
初めてご利用になられるお客様の場合は、メールアドレス入力後に「ご利用規約」画面となりますので、ご同意いただき、画面の指示にしたがって必要事項をご記入の上お進みください。
※アサヒWebサービスとは( http://www.asahibeer.co.jp/web-service/common/index.html