1. トップページ
    2. 企業情報
    3. 研究活動
    4. ハピ研
    5. 毎週アンケート

青山ハッピー研究所 ハピ研

「人がしあわせを感じるモノやコトって、何だろう?」衣・食・住・美など生活に密着したテーマでその答えを考える"しあわせ探しの情報サイト"

PR&Informations

出版物のご案内

ラウンドエッジRound-Edge

現代の高感度消費者は「バランスのいいオタク」。
今の時代の気分やリアルコンシューマーを読み取る一冊。

Symbol of Happiness 〜しあわせのシンボル〜

あなたのしあわせのシンボルは何ですか?ぬいぐるみ?あんこのつまったたいやき?現代の日本人が考えるしあわせの姿を形にした必読の一冊。

毎週アンケート 生活の中のちょっとしたことや、旬な話題をタイムリーに調査!

一度で良いから、お酒を酌み交わしたい歴史上の人物は?

2003年9月にスタートした「毎週アンケート」は、毎回、その季節や旬に合わせた話題をテーマにしながら、皆さんの生の声をたくさん反映したアンケートにしたいと続けて参りました。お陰様で今回のテーマでちょうど500回を迎えました。これもひとえに皆さんのアンケートへのご協力があってのことと深く感謝いたしております。引き続き、毎週アンケートへのご協力をよろしくお願い申し上げます。


さて、今回は500回特別企画として、いつもと趣向を変えて「一度で良いから、お酒を酌み交わしたい歴史上の人物は?」をテーマにアンケートを実施しました。「あの歴史的な瞬間や出来事の真意はどうだったのか?」「彼は本当にイケメンだったのか?」など…、教科書や時代劇でよく知っている偉人や後世に名を残す人物の中で、皆さんが一緒にお酒を飲んでみたいと思う人は一体誰でしょうか。

ナンバーワンは「坂本龍馬」−先見性のある龍馬に今後の日本を問うてみたい

■一緒にお酒を飲みたい人物

1 坂本龍馬 17.6%
2 織田信長 12.6%
3 徳川家康 4.7%
4 聖徳太子 4.6%
5 クレオパトラ 3.5%
6 豊臣秀吉 3.1%
7 卑弥呼 2.7%
8 紫式部 2.2%
9 西郷隆盛 2.0%
10 明智光秀 1.6%
10 マリー・アントワネット 1.6%

SA(単回答)

「お酒を一緒に酌み交わしたい歴史上の人物」の人気ナンバーワンは「坂本龍馬」(17.6%)でした。「日本の新しい扉を開いて新時代を作りたいと思う志や情熱を聞きたい!!」(女性20代、大阪府)など、混乱の幕末を駆け抜け、日本を変えるべく思うままに生きた男の生き様に惚れるという声。さらに「龍馬と今の日本を見てどう思うか聞いてみたい。そして、彼ならどう変えるか聞きたい」(男性50代、兵庫県)など、暗中模索が続く今日の日本、お酒を飲みながら先見性のある龍馬に行く末を問うてみたいという声が多数寄せられました。ちなみに2005年、2010年に実施した同調査でも、トップは変わらず「坂本龍馬」(2014年=17.36%、2010年21.6%、2005年=13.1%)でした。特に2010年は、福山雅治さん主演のNHK大河ドラマ「龍馬伝」の影響も後押ししてブーム化。それから4年を経た今日でもトップをキープし続け、一過性の現象に留まらない龍馬人気の高さがうかがえます。


では、龍馬とお酒を飲みながら、皆さんは一体どんなことを聞いてみたいのでしょうか。「誰に殺されたのか聞きたい」(女性20代、北海道)、「暗殺した犯人の正体」(女性40代、東京都)など、京都近江屋で暗殺された龍馬ですが、「新撰組説」「薩摩藩の黒幕説」等々、いまだ藪の中の歴史の真相を聞き出したいという声。「後ろ向きで保守的な私にカツを入れてほしい」(男性40代、愛知県)など、今の自分を叱咤激励する強い言葉を期待する声。また、中には「龍馬さんの好きだった鶏鍋を食べながら…」(女性50代、兵庫県)、「初鰹を肴にじっくり腰を据えて飲みたい」(女性50代、愛知県)など、龍馬ゆかりのグルメを肴に語り合いたいという人もいました。

「信長」「光秀」から、日本史上のミステリー「本能寺の変」の真相が聞きたい

人気の2位は「織田信長」(12.6%)。「天下統一後、日本をどのような姿の国にしたかったのか?」(女性50代、愛知県)など、志半ばで破れた信長が目指そうとした「理想の日本」について聞いてみたいという声。「非情な人なのか、単に豪快なのか。現代の解釈が交錯し過ぎて本質が解りません。お酒の席で本人と語るのが、一番理解しやすい」(女性30代、千葉県)など、「泣かぬなら殺してしまえホトトギス」の有名な句がありますが、目的のためなら手段を選ばないという苛烈、非情なイメージの強い信長の本当の性格を見極めたいという人もいました。その一方、「どうして信長に謀反をしたのか?誰の差し金か聞いてみたい」(男性50代、新潟県)など、10位には「本能寺の変」の首謀者とされる「明智光秀」(1.6%)が挙げられ、悪名高き光秀の真意や黒幕の存在など、謎多き日本史上のミステリーへの関心の高さがうかがえます。


さらに「徳川家臣団や大名、名武将たちの人物評を聞いてみたい。処世術など人生の役に立つ話が聞けそう」(女性40代、大阪府)など、3位に「徳川家康」(4.7%)、6位にも「豊臣秀吉」(3.1%)が挙げられ、戦国三武将に人気が集中。自由回答の中には「徳川埋蔵金って本当にあるの?あなたが亡くなってから数百年経った現在も探している人がいるのだけれど、あるのならどの辺かな」(女性40代、長崎県)など、酒の席で100兆、200兆とも言われる埋蔵金の在り処を聞き出したいという声も寄せられました。


そのほか、日本史でお馴染みの人物では「聖徳太子は、私の話を大きな心で受け止めてくれそう。悩みの解消法を教えていただきたい」(男性50代、和歌山県)など、4位に「聖徳太子」(4.6%)、7位に「卑弥呼」(2.7%)、8位に「紫式部」(2.2%)、9位に「西郷隆盛」(2.0%)が続きました。特に、一度に10人の話を聞き分けたというエピソードを持つ「聖徳太子」には、戦国武将のような強い求心力を持つリーダーというよりも、どちらかといえば、部下の愚痴を上手に聞いてくれる上司のような役回りを求めている人が目立ちました。

「美女クレオパトラを見てみたい」「キリストとワインが飲みたい」など

世界史上の人物では、5位に「クレオパトラ」(3.5%)がランクイン。「どれほどの美人だったのか見てみたい。美人だったら話さなくてもそこにいるだけで満足」(男性20代、鹿児島県)など、「絶世の美女」として知られるクレオパトラの美しさを自分の目で確かめたいという声。さらに「華やかな宮廷での暮らしぶりなどを聞いてみたい」(女性40代、福岡県)など、同様10位にも「マリー・アントワネット」(1.6%)が挙げられ、煌びやかな世界で生きた、「悪女」とも称された魅惑の彼女たちに会いたいという声が寄せられました。その一方、男性の偉人では「(現在)キリスト教信者が全世界的に多くいるが、キリストがどれだけの人だったのか、実際に会って確かめてみたい。ワインでも飲みながら話したい」(男性40代、東京都)など、12位に「イエス・キリスト」(1.0%)。さらに「最後の晩餐」を描いた万能の天才である「レオナルド・ダ・ヴィンチ」(0.9%)、20世紀を代表する物理学者である「アインシュタイン」(0.9%)、フランスの英雄である「ナポレオン」(0.9%)が続き、宗教や芸術、科学、政治など各界のカリスマを飲み相手に指名する人が目立ちました。

男性は「西郷隆盛」「徳川家康」から、ビジネスの処世術やリーダーシップを学びたい

■男性:一緒に飲みたい人物

1 坂本龍馬 18.3%
2 織田信長 13.1%
3 徳川家康 5.2%
4 豊臣秀吉 4.5%
5 聖徳太子 4.4%
6 西郷隆盛 3.1%
7 明智光秀 2.5%
8 卑弥呼 2.0%
9 クレオパトラ 1.5%
10 山本五十六 1.3%

SA(単回答)

続いて、性別で「お酒を酌み交わしたい歴史上の人物」を見ていきましょう。男性、女性ともに上位には「坂本龍馬」(男性=18.3%、女性=16.9%)、「織田信長」(男性=13.1%、女性=12.2%)が挙げられました。「日本を変えよう」とした革命家、かつ志半ばで非業の死を遂げた2人のリーダーに憧れを持つ声が多く、性別を超えて高い人気を誇っていることがうかがえます。さらに男性回答で多かったのは、龍馬と信頼の絆で結ばれた「西郷隆盛」(男性=3.1%、女性=1.0%)。「薩摩焼酎を飲みながら幕末の日本の状況を語りたい」(男性50代、神奈川県)など、豪傑な幕末の志士と、男同士で腹を割ってとことん飲みたいという声が目立ちました。龍馬に比べ女性人気が低いのは、巨漢の風貌や、粗野で頑固な古き九州男児のイメージからでしょうか。「犬好き」でも知られる隆盛は、見た目の風貌と対照的に、面倒見が良くて優しい人柄だったといいます。


続いて男性3位は「徳川家康」(男性=5.2%、女性=4.3%)。「戦国時代を終焉させ長期安定した江戸時代の基礎を築いたので、飲みながら会社や家族を上手く統治する方法について話してみたい」(男性50代、埼玉県)など、265年に及ぶ安定政権を築いた家康から、直々にビジネスや家庭内を上手く納めるリーダーシップを学びたいという声。さらに「ヨイショ!ヨイショ!?秀吉から出世するための勘所を伝授していただきたいと思う」(男性60代、兵庫県)など、同様4位に「豊臣秀吉」(男性=4.5%、女性=1.8%)、7位にも「明智光秀」(男性=2.5%、女性=0.7%)が挙げられ、派閥争いや下克上等々、数々の修羅場をくぐり抜けてきた戦国武将から、現代を生き抜く「処世術」「成功の秘訣」を聞きたいという声が多数寄せられました。そのほか、「大東亜戦争や今の日本について」(男性30代、京都府)など、10位に「山本五十六」(男性=1.3%、女性=0.2%)、12位に「諸葛亮孔明」(男性=1.0%、女性=0.5%)が続き、日中を代表する名軍師から、現代に生かせる教訓を学びたいという人もいました。

女性は「クレオパトラ」「紫式部」と女子会開き、「恋愛」「美容」を語り合う

■女性:一緒に飲みたい人物

1 坂本龍馬 16.9%
2 織田信長 12.2%
3 クレオパトラ 5.4%
4 聖徳太子 4.8%
5 徳川家康 4.3%
6 紫式部 4.1%
7 卑弥呼 3.3%
8 マリー・アントワネット 3.0%
9 豊臣秀吉 1.8%
10 光源氏 1.4%
10 清少納言 1.4%

SA(単回答)

その反面、女性ならではの回答で目立ったのは、3位「クレオパトラ」(男性=1.5%、女性=5.4%)です。「美容の秘訣を聞いてみたい」(女性30代、大分県)、「顔立ちや肌性格など、じっくりと 360°回りながら見てみたい! 食べ物や睡眠時間や趣味などを聞きたい」(女性30代、京都府)など、絶世の美女の美しさの秘密や美容術のノウハウを習得したいという声。自由回答の中には「どうやったら権力ある男(カエサル)を手玉にとれたのか、作戦を聞きたい」(女性40代、愛知県)など、意中の男性を落とす恋愛テクニックを伝授して欲しいという人もいました。


次に女性回答で多かったのは、6位「紫式部」(男性=0.3%、女性=4.1%)。「源氏物語の創作のきっかけと光源氏のモデルなどについて」(女性30代、大阪府)、「恋愛の話をしたい」(女性30代、千葉県)など、現代にも通じる日本最古の「ラブストーリー」を描いた紫式部と恋愛トークに花を咲かせたいという声。「二人でゆっくりグラスを傾けて…、光源氏に口説かれてみたい」(女性40代、千葉県)など、紫式部が描く元祖イケメン「光源氏」(男性=0.1%、女性=1.4%)とのデートを夢見る女性も少なくありませんでした。さらに「本当に占いや予言ができるのか聞いてみたい」(女性20代、栃木県)など、7位に「卑弥呼」(男性=2.0%、女性=3.3%)、8位に「マリー・アントワネット」(男性=0.0%、女性=3.0%)、10位に「清少納言」(男性=0.0%、女性=1.4%)が続きました。完全なる男性社会の当時の中で、自身の個性を発揮して歴史上に名を刻んだ女性たちと一緒に「女子会」を開催し、「ファッション」「美容」「占い」「恋愛」などをテーマに盛り上がりたいという人も少なくありませんでした。


今回は毎アン500回を記念し、「お酒を酌み交わしたい歴史上の人物」をテーマに皆さんのご意見を聞いてきました。上位ベスト3位には「坂本龍馬」「織田信長」「徳川家康」が挙げられ、幕末、戦国時代の混乱の世の中で、卓越した政治手腕を発揮して「理想の国」を求めたカリスマ的なリーダーに人気が集中しました。こうした背景には、経済や安全保障、エネルギー政策など、様々な問題が山積する今後の日本の行く末を案じ、「仮に歴史上のカリスマリーダーであったなら、この局面をいかに解決していくのか?」という点に興味を募らせる人が大変多かったようです。果たして、今日の日本に彼らのようなニューリーダーは出現するのでしょうか――。ちなみに今回のアンケートで上位にランクインした「織田信長」「西郷隆盛」「明智光秀」「山本五十六」はお酒が弱く、ほとんど飲まなかったといいます。歴史上に残る武将や軍師は、豪傑、大酒飲みのイメージが強いものですが、人によっては「お酒」の代わりに「甘いもの」を持参した方が、口も滑らかに本音がポロリなんてこともありそうですね。


今後も「毎週アンケート」を、600回、1000回と積み重ねて参りたいと考えおりますので、引き続き、よろしくお願い申し上げます。



今週のテーマ:「最近、贅沢をしましたか?」

「あー贅沢した!」と感じる感覚は、必ずしも一様ではなく個人差が大きいもの。生活に必要なものなら、少々高くても贅沢とは感じませんが、家族と共有できない「趣味のもの」や「嗜好品」は贅沢と見なされることも少なくありません。何かと入用も多く、また気分的にも財布の紐が緩みやすい春を迎え、今回の毎アンでは「贅沢」をテーマに皆さんのご意見を聞いていきたいと思います。最近、皆さんが購入した商品の中で、一番の贅沢品は何ですか?

アンケートに答える

実施中のアンケート謝礼の申し込み締切は5/7(水)10時となります。
アンケート謝礼

アンケート参加について

アンケートへのご参加は「アサヒWebサービス」を使用して受付いたしております。「アンケートに答える」のボタンをクリックされますと、まずメールアドレスの入力欄になります。すでに「アサヒWebサービス」をご利用になられているお客様は、メールアドレス入力後にパスワードを入力するだけでお客様の情報が入力済みのページが表示されます。初めてご利用になられるお客様の場合は、メールアドレス入力後に「ご利用規約」画面となりますので、ご同意いただき、画面の指示にしたがって必要事項をご記入の上お進みください。
※アサヒWebサービスとは