1. トップページ
    2. 企業情報
    3. 研究活動
    4. ハピ研
    5. 毎週アンケート
    6. 【第198回】アンケート結果

青山ハッピー研究所 ハピ研

「人がしあわせを感じるモノやコトって、何だろう?」衣・食・住・美など生活に密着したテーマでその答えを考える“しあわせ探しの情報サイト”

ハピ研について

毎週アンケート | 生活の中のちょっとした事や、旬な話題をタイムリーに調査

あなたにとってのプチ贅沢とは?

景気が復調気味で、今夏のボーナスが久々にアップしたというニュースを耳にします。が、住民税が引き上げられるなど、私たちの生活はなかなか楽にはなりませんよね。きっと日々の家計の遣り繰りに頭を悩ませている主婦の方もきっと多いのではないでしょうか。とはいえ、いつも切り詰めてばかりでは、ストレスが溜まるばかり、たまにはパッと発散したいものです。そこで今回は、皆さんに時々している「プチ贅沢」について聞きました。

全体の8割以上が「プチ贅沢をする」と回答

「プチ贅沢」をすることがありますか?

SA(単回答)

さて、皆さんは「プチ贅沢」をすることがあるのでしょうか。「化粧品にはお金をかけない代わりに、月2回フェイシャルエステで肌をいたわっている」(女性30代)など、「よく『プチ贅沢』をする」と回答した方は全体の7.2%。さらに「ときどき『プチ贅沢』をする」という声も77.9%を数え、頻度はまちまちであるものの、全体の8割以上の皆さんが「プチ贅沢」を楽しんでいることが明らかとなりました。中には「毎週水曜日にスーパーに売られている、スイーツを買う」(女性30代)、「毎週土曜はワインの日。安いワインやスパークリングを箱買いし、主人と今日はどれにするって、悩んだりして楽しんでいる」(女性40代)など、毎週決まった曜日を「プチ贅沢デー」としているご家庭も少なくありませんでした。こうした「プチ贅沢」は男性(76.9%)よりも、女性(91.0%)に目立ち、さらに年齢が若くなるほど顕著となる傾向が見受けられました。

計画的でなく、衝動的だからこそ、「贅沢」を実感

では皆さんは、一体どんな時に「プチ贅沢」をすることが多いのでしょうか。最も回答が多かったのは「特に理由はないけど、そんな気持ちになった時衝動的に」(44.3%)でした。「ちょっと高級なデザートを食べ、帰りにかわいいピアスを衝動買いする」(女性50代)、「ふと鮨が食いたくなったときに、妻と二人で知り合いの鮨屋へ。年金生活者にとってつかの間の贅沢」(男性60代)など、意外にも「プチ贅沢」には大きな動機付けはないことがうかがえます。いわば計画的でなく、後先を考えずに衝動的に出費をすることそのものが、ある意味でちょっとした冒険であり、贅沢な行動と言えるのかもしれません。

■どんな時に「プチ贅沢」をする?

1 特に理由はないけど、そんな気持ちになった時衝動的に 44.3%
2 ストレス、イライラが溜まっている時に 35.9%
3 家族の誕生日に 34.4%
4 自分の誕生日に 33.2%
5 家族行事やイベントクリスマス、母の日などの時に 30.1%
6 楽しいこと、嬉しい事があった時に 29.4%
7 疲労が溜まっている時に 25.8%
8 結婚記念日に 20.2%
9 給料が入った時に 20.1%
10 仕事、プライベートで何か目標を達成した時に 15.8%

MA(複数回答)/n(有効回答数)

現代人の手軽なストレス解消法は、プチ贅沢!

2番目に多かったのは「ストレス、イライラが溜まっている時に」(35.9%)。「主人が社長をやっているので、ストレス溜まりっぱなし。他の社員に愚痴はこぼせませんし・・・。そんな時はネットでお買い物三昧。もちろん、主人のカードで!あ〜スッキリ!!」(女性40代)、「イライラの時は銭湯へ直行!広い湯船にお手軽サウナでサッパリ。風呂上りに牛乳瓶を横目で見つつ、ビールを手にとってゴクゴク…、プハー…」(男性60代)など、仕事、育児や家事で溜まりに溜まったストレスを解消するため、「プチ贅沢」をして心身のリフレッシュをはかっているという声が多数寄せられました。同様に7位にも「疲労が溜まっている時に」(25.8%)が挙げられたことから、何かと忙しくストレスや疲れを抱えがちな現代人にとって、「プチ贅沢」が生活に潤いを取り戻す拠り所となっていることがうかがえます。以下3位に「家族の誕生日に」(34.4%)、4位「自分の誕生日に」 (33.2%)、5位「家族行事やイベントクリスマス、母の日などの時に」(30.1%)など、誕生日や家族行事といったお祝い事が目立ちました。

若い20、30代はマイナス要因、世代が高くなるとともにプラス要因が増加

世代別で見てみると、若い20代、30代では「ストレス、イライラが溜まっている時に」「疲労が溜まっている時に」といったネガティブなマイナス要因から「プチ贅沢」をする人が多かった一方、年齢とともにマイナス要因は減少し、代わって「楽しいこと、嬉しい事があった時に」というポジティブなプラス要因が上昇する傾向が見受けられました。こうした理由は定かではありませんが、若い世代が「悲しい」「辛い」「疲れた」ので「贅沢をしよう」と考える傾向が強いのに対し、世代が高くなるとともに「うれしい」「楽しい」「元気」なので「贅沢をしよう」と価値観が大きく変化していることがうかがえます。さらに若い世代に目立ったのは「自分の誕生日に」という声でした。「自分の誕生日に、アクセサリーを買う。価格は、2〜3万で、小さな宝石のついたネックレス・・・」(女性30代)など、ご褒美、慰めや労いを自分自身で行い、日ごろ溜まったうっぷんを自ら解消している方が案外多いようです。

世代別:どんな時に「プチ贅沢」をすることが多いですか?

MA(複数回答)/n(有効回答数)

「食」「レジャー」など、身体や精神的な満足を求めるものが目立つ

次に皆さんの具体的な「プチ贅沢」について見ていきましょう。「家族の居ない平日の午後に友達とランチへ行くこと。ランチにはデザートまで付ける♪」(女性30代)、「いつもは発泡酒だが、あぶく銭が入った時なんかは、プレミアムの高級ビールを飲むのがささやかな楽しみ(苦笑)」(男性40代)など、「プチ贅沢」で最も目立ったのは「食べ物・お酒外食・お菓子・プレミアムビール・ワインなど関連」(88.6%)への出費でした。「食」は身近で、ちょっと背伸びをすれば可能な贅沢と言えることから多数の支持が寄せられました。続いて2位は「旅行・レジャーホテル・温泉・遊園地・キャンプなど関連」(30.7%)。「ささやかなものですが、いとこ、妹を誘ってのドライブ。温泉、贅沢ランチなどをする」(女性60代)など、形や物が残るものよりも、上位には「食」「レジャー」など、身体や精神的な満足や喜びを満たすものを求める人が案外に多いことがうかがえます。同様に4位にも「癒し・リラックスマッサージ・エステ・スパなど関連」(16.9%)が挙げられました。

■「プチ贅沢」に何をする?

1 食べ物・お酒外食・お菓子・プレミアムビール・ワインなど関連 88.6%
2 旅行・レジャーホテル・温泉・遊園地・キャンプなど関連 30.7%
3 ファッション洋服・バッグ・靴・ジュエリーなど関連 20.5%
4 癒し・リラックスマッサージ・エステ・スパなど関連 16.9%
5 趣味・カルチャー映画・DVD・ゲームソフトなど関連 15.6%

MA(複数回答)/n(有効回答数)

また世代別で見てみると、年齢層が高い50代、60代以上では「旅行・レジャーホテル・温泉・遊園地・キャンプなど関連」という声が目立った一方、年齢が低くなるに連れて「レジャー関連」は減少し、代わって「ファッション洋服・バッグ・靴・ジュエリーなど関連」「癒し・リラックスマッサージ・エステ・スパなど関連」という声が上昇する傾向が見受けられました。いわば若い人ほど、物欲が高く、また温泉、旅行といった「レジャー・娯楽」よりも、スパ、エステといった「癒し・リラックス」を求める人が強いようです。

世代別:「プチ贅沢」に何をする?

MA(複数回答)/n(有効回答数)

プチ贅沢とは「高級」「質の良さ」だけではなく、
自分自身に「ささやかな幸せを与えるもの」

ここまで「プチ贅沢」について様々な声を聞いてきましたが、では「プチ贅沢」とは一体何でしょうか。皆さんに「プチ贅沢の定義」について聞いてみたところ、最も多かったのは「いつもよりもちょっとだけ値の張るものを奮発すること」(68.4%)、続いて「いつもは買わない質の良いもの、ワンランク上のものを買うこと」(49.6%)という回答でした。「いつもは1000円以下のワインしか買わないけど、たまに2,000〜3,000円のワインで乾杯。もちろん、それに合わせて、おつまみも奮発」(女性20代)、「スーパーマーケットで割引きになっていない和牛のヒレを1人前買う。野菜も3本100円のきゅうりではなく、京野菜コーナーで2本480円の花付ききゅうりを買う」(女性40代)など、プチ贅沢の定義として、「値の張るもの」「質の高いもの」を買うことという声が多数寄せられました。その一方、3位には「いつもと違う非日常的な場所や環境に身をおくこと」(31.1%)、4位に「家族に邪魔されず、自分だけの時間をつくること」(21.9%)、6位「家族に内緒で、自分の好きなことをすること」(12.4)%という声も目立ち、単に価格帯の高いものを購入するだけではなく、同時に日常とは異なる環境や、のんびりとした時間を作ることも現代人にとっては「贅沢」の極みと言えるのかもしれません。また「贅沢でなくていいんだと思う。他人からみたら、それがと思うことでも本人が満足出来ていれば何でもOKだと思う」(女性30代)という言葉に代表されるように、「プチ贅沢」は個人によっても尺度が異なり、どんなことに贅沢を感じるか否かは千差万別と言えるのかもしれません。いつもよりも数十円高いデザートで小さな喜びを感じたり、一方、高級な食材でも美味しくなく、満足度の低かったものは、決して「プチ贅沢」とは呼べないものになるのではないでしょうか。いわば「プチ贅沢」とは、高い、安いだけではなく、日常生活の中で「ささやかな幸せを与えてくるもの」と定義しても過言ではなさそうです。

■「プチ贅沢」の定義は?

1 いつもよりもちょっとだけ値の張るものを奮発すること 68.4%
2 いつもは買わない質の良いもの、ワンランク上のものを買うこと 49.6%
3 いつもと違う非日常的な場所や環境に身をおくこと 31.1%
4 家族に邪魔されず、自分だけの時間をつくること 21.9%
5 いつも買い物しているお店ではなく、ちょっと高級店へ出かけること 19.8%

MA(複数回答)/n(有効回答数)

今回は皆さんに「プチ贅沢」についてご意見を聞いてきました。頻度はまちまちとはいえ、全体の8割以上の皆さんが「プチ贅沢」を楽しんでいることが明らかとなりました。そもそも「プチ贅沢」という言葉は、バブル崩壊以降に長く続いた経済不況時に生まれた言葉です。誰も褒めてはくれない節約や我慢が強いられる生活の中で、どこかに励みや、やる気を奮い起こす目標のようなものが私たちの頭の片隅に必要だったのかもしれません。家計に負担にならない程度に、ちょっとした満足を得て、小さな幸せを感じる、そして明日への活力になる、そんな存在が「プチ贅沢」なのではないでしょうか。


最後に皆さんから寄せられたユニークな「プチ贅沢」をいくつかご紹介します。


バニラ入りコーヒー
  • 「いつもはただアイスコーヒーやアイスカフェオレを作って飲んでいるけど、バニラアイスを買って浮かべて飲む時」(女性30代)
遠距離ドライブ
  • 「なにもそんなに遠くまで買い物に行かなくても・・・と言われるくらい遠距離ドライブして買い物をする。最低でも往復100キロ以上は走る」(女性50代)
3人前の大食い
  • 「3人前以上入った大型桶入りのお鮨をひとりで食べる」(女性20代)
車内で洋楽ロック
  • 「’70、’80年代に聞いていた洋楽ロックのCDを探して購入し、仕事帰りの車の中で少しボリュームを上げて聞きながら家路につく・・・。仕事の疲れも無くなくなる」(男性50代)
アロマを焚く
  • 「お気に入りのアロマを焚いて、ちょっと高い入浴剤を入れてお風呂に入る」(女性40代)
うな丼
  • 「お昼の外食が牛丼からうな丼へ変更」(男性50代)
出張中に一人宴会
  • 「ダーリン泊りがけ出張日は、出張初日に自分の好きな食べ物やお酒を買い込み、24時間一人宴会。好きな時に食べて飲んで寝て起きて!最高のプチ贅沢」(女性40代)
年一回は
リッチな美容室
  • 「普段はリーズナブルなファミリー美容院を利用しているが、 年に一度はお高い美容院に行く。それでも値段はいつもの5倍!いつもは節約しているシャンプーもお願いして・・・」(女性30代)
折り紙より食事会
  • 「ボケ防止にと、月1回折り紙を習っている。今では折り紙より、実は食事会の方が楽しみ」(女性60代)
珍しい果物
  • 「珍しい果物を食べること。最近はアップルマンゴー、ドラゴンフルーツ、さくらんぼを購入し、皿にたくさん並べてガブガブ食べました」(女性20代)
ワインと昼寝
  • 「リクライニングの椅子に座りながら、休日の昼間からワインを飲んで昼寝する。日頃は休みも思うように取れないので、たまにやるこの時間は至福の時」(男性50代)