1. ホーム
  2. サステナビリティ
  3. アサヒグループのサステナビリティ

アサヒグループのサステナビリティSustainability at the Asahi Group

グループ理念“Asahi Group Philosophy”(以下AGP)の実践に向けて、メガトレンドからのバックキャストによる『中長期経営方針』を2022年に設定しました。『中長期経営方針』では、長期戦略のコンセプトとして「おいしさと楽しさで“変化するWell-being”に応え、持続可能な社会の実現に貢献する」ことを掲げています。そのコア戦略の1つに、サステナビリティと経営の統合を掲げ、持続的な成長と全てのステークホルダーとの共創による企業価値向上を目指していきます。

サステナビリティ戦略においても、AGPの実現に向けて「アサヒグループサステナビリティ基本方針」を基軸となる考え方に据え、取組みを推進しています。また、サステナビリティの推進によって目指す姿を「アサヒグループサステナビリティビジョン」として明文化しています。

サステナビリティ基本方針

  1. アサヒグループの商品やサービスは、自然の恵みを使って、期待を超えるおいしさの実現を目指しています。その大切な自然の恵みを後世につないでいくために、限りある自然を守ります。
  2. アサヒグループは、自社の商品・サービスを通じて、人々の楽しい生活文化の創造を目指しています。よりよい生活文化が継承されていくために、持続可能な社会を形成します。

アサヒグループサステナビリティビジョン

私たちは、基本方針に則り、経営戦略に「環境」 「人」 「コミュニティ」 「健康」 「責任ある飲酒」を組み込み、事業を展開するすべての地域でよりよい未来に向けた価値を創造していきます。
この取組みを通じて国連の「持続可能な開発目標(SDGs)」の達成に貢献できるよう、私たちは挑戦と革新を続けます。

サステナビリティ戦略

アサヒグループはサステナビリティと経営の統合を実現させるため、未来への約束「Cheer the Future」と「サステナビリティ・ストーリー」を設定しています。サステナビリティに取り組む理由、取り組み方、取り組むことを「サステナビリティ・ストーリー」として示し、未来への約束「Cheer the Future」に込めた私たちの思いを表しています。この考え方に基づきグループ一丸となってサステナビリティの推進を強化するとともに、社内外のステークホルダーとのエンゲージメントの向上を進めていきます。
また、実践に向けたアプローチとして重点方針を定めるとともに、従来の取組みテーマを再整理し、経営資源を集中させて取り組む重点テーマを設定しています。

未来への約束

Cheer the Future

かけがえのない未来を元気にする

未来への約束「Cheer the Future」を中心に据え、アサヒグループのサステナビリティ戦略をかざぐるまに見立てて構造化しました。中心の青い円は、事業を通じて持続可能な社会に貢献するというサステナビリティと経営の統合のサイクルを表しています。外側の4つの羽根には、私たちがとるべき具体的なアクションを示しました。自然の恵みから得る力と、私たち自身のアクションによりこの風車を動かします。

Sustainability Storiesサステナビリティ・ストーリー

未来に引き継いでいく私たちの価値

私たちは世界各地で100年以上にわたり、自然の恵みと自然の力によって、数々の「期待を超えるおいしさ」を生み出してきた。私たちの提供する商品が人と人をつなげ、コミュニティをつくり、「楽しい生活文化」に貢献してきたことは、私たちの誇りであり、未来に引き継いでいくべきプラスの価値だと信じている。

未来に向け変革していくこと

私たちのビジネスが環境や社会全体に及ぼす潜在的な影響を管理する必要があると考えている。私たちは、こうした課題に正面から向き合い、サステナビリティを経営の根幹に置き、環境や社会にプラスの価値を生むことで事業の持続的な成長へと変革する。

変革のために取り組むこと

より良い未来のため、脱炭素・水資源の有効活用などによる持続可能な生態系と循環型社会の実現、人と地域のつながりによる強く美しいコミュニティづくり、アルコール起因の害が発生しない飲用機会の創造や社会の仕組みづくりなどを、ステークホルダーと共にアイデアや技術を出し合い、実現に向けて推進していく。

未来への宣言

私たちは、自然・コミュニティ・社会とのより良いつながりを実現し、「期待を超えるおいしさ、楽しい生活文化の創造」に貢献し続けることで、かけがえのない未来を元気にしていく。より良い未来づくりに向かう我々の意志を「Cheer the Future」という言葉に込め、様々なアクションにつなげていく。

Objectives重点方針

バリューチェーン全体で
人々のサステナブルな生活を実現する

バリューチェーン全体のリスク軽減と機会獲得に取り組み、
商品・サービスで事業インパクトと社会インパクトを生み出す。

Material Issuesマテリアリティ

環境
人
コミュニティ
健康
責任ある飲酒

ステークホルダーとのエンゲージメントとコラボレーション

アサヒグループは、適切な情報開示・コミュニケーションによりステークホルダーの皆様とのエンゲージメントの向上をはかっています。ステークホルダーの皆様に、アサヒグループの取組みをご理解いただくとともに、そのフィードバックを取組みにいかしていきます。さらにパートナーとのコラボレーションを進め、取組みがスケールアップし、加速することを目指しています。

エンゲージメントの深耕

適切な情報開示とコミュニケーション

ステークホルダーの皆様とのエンゲージメント向上のため、アサヒグループはさまざまな情報開示・コミュニケーションを行っています。

ステークホルダー・ダイアログ

アサヒグループでは、さまざまなステークホルダーからの意見を企業価値向上にいかすため、外部有識者と社内幹部によるダイアログを定期的に開催しています。

パートナーとのコラボレーション(共創)

使い捨てから「繰り返し使う」へ、そして「使い食べ」へ

プラスチック使用量の削減へ

何気なく捨てられたプラスチック容器は、海洋生物だけでなく生態系全体に甚大な被害をもたらします。特に多いのが、容器・包装に使用されるプラスチックです。地球全体が直面するこの課題の解決に貢献することは、食品や飲料を製造販売するアサヒグループの果たすべきミッションだと考えています。

リサイクルへの取組みは、プラスチックを多く利用する企業の責任

リサイクルPETボトル使用拡大への取組み

アサヒグループは、プラスチック問題に関するグループ全体の目標「3R+Innovation」の中で、リサイクル素材など環境配慮素材の利用を推進しています。特に豪州と日本の飲料事業ではプラスチック容器を多く利用しており、リサイクルPETボトルの導入を拡大しています。